スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    個人信仰で成仏出来ることを詳しく証明する。

    組織信仰者は、言います。
    「師匠の居る組織でなければ、正しく信心し成仏することは出来ない。」
    それは、御本仏日蓮大聖人の教えなのでしょうか?
    それとも、組織教団の指導者達の造った組織教団に都合の良い邪義なのでしょうか?
    御本仏日蓮大聖人の金言に正義を求めましょう!

    御本仏日蓮大聖人曰く

    ■教主釈尊と申す大人にゆきあはせ給いてこそ仏にはならせ給いしか、されば仏になるみちは善知識にはすぎず、わが智慧なににかせん、ただあつきつめたきばかりの智慧だにも候ならば善知識たいせちなり、而るに善知識に値う事が第一のかたき事なり、されば仏は善知識に値う事をば一眼のかめの浮木に入り・梵天よりいとを下て大地のはりのめに入るにたとへ給へり、而るに末代悪世には悪知識は大地微塵よりもをほく善知識は爪上の土よりもすくなし■

    釈尊のような正しい師匠(仏)を善知識としてこそ成仏することが出来たと仰せです。
    しかし、善知識となる正しい師匠に逢うのは、一番難しくキセキ的な事なのです。
    「今、自分は、正しい師匠に逢っている」と思い込むのは、御本仏日蓮大聖人の金言に反する危険なことです。
    自分の宗派教団の師匠が、御本仏日蓮大聖人の金言と道理によって「善師、正師」であるのか「悪師、邪師」であるのかを見極めることが、なにより優先されることです。

    御本仏日蓮大聖人曰く

    ■正しく末代の凡夫の為の善知識を明さば、(中略)
    末代に於て真実の善知識有り所謂法華涅槃是なり、問うて云く人を以て善知識と為すは常の習いなり法を以て知識と為すに証有りや、答えて云く人を以て知識と為すは常の習いなり然りと雖も末代に於て真の知識無ければ法を以て知識と為すに多くの証有り■


    これが、御本仏日蓮大聖人の結論です!
    「師匠の居る組織でなければ、正しく信心し成仏することは出来ない。」
    は、「人」を善知識とする一般的な宗派の考えであり、
    御本仏日蓮大聖人の仏法においては「法華涅槃」の「教法」が真実の「善知識」となると仰せです。

    御本仏日蓮大聖人曰く

    ■四十余年の諸経並に涅槃経を打ち捨てさせ給いて法華経を師匠と御憑み候へ■

    さらには、涅槃経をも打ち捨て、「法華経」を師匠とすべきと仰せです。
    それでは、凡夫である我々が、「法華経」を正しく解釈し、正しい信仰の指針を示す師匠、善知識とするには、どうすれば良いでしょうか?

    御本仏日蓮大聖人曰く

    ■いかでか仏法の御心をば我等凡夫は弁え候べき、ただ経経の文字を引き合せてこそ知るべき■

    「法華経」の文字を引き合せて、その整合性の上から仏意を判断すべきなのです。

    御本仏日蓮大聖人曰く

    ■此の経は相伝に有らざれば知り難し■

    しかし、釈尊から直接相伝を受けた御本仏日蓮大聖人でなければ、正しく理解し難いのが法華経なのです。
    ゆえに、釈尊から直接相伝を受けた御本仏日蓮大聖人によって説かれた「御書」こそが、末法の凡夫である我々にとっての「法」であり、師匠であり、真の善知識となるのです。
    それでは、我々凡夫が、御本仏日蓮大聖人の御書を正しく拝読するには、どうすれば良いのでしょうか?
    それは、先に上げた御文の通り

    ■文字を引き合せてこそ知るべき■

    であり、上記のように、例えば「法華涅槃」の一つの御文にとらわれるのではなく、それを別しては「法華経」と判断し、さらに相伝ある御本仏の「御書」と結論判断したように、御書全体との整合性の上から判断すれば良いのです。
    以上から結論されるのは、我々末法の衆生は、人師や組織ではなく、「南無妙法蓮華経日蓮」の御本尊と御本仏の金言を師匠とすべきであり、御本尊と御本仏の金言さえあれば、成仏が可能なのです!

    御書には、以上をさらに証明する多くの金言があります。

    ■法に依つて人に依らざれの金言■

    御本仏日蓮大聖人は、釈尊のこの遺言を「金言」(不滅の教え)とされています。
    仏(御本仏日蓮大聖人)の教法(御書)を基準とし、人師や組織の教えを基準にしてはならないのです。

    ■悪師を信ずる失に依つて必ず三悪道に堕す可きなり■

    誰が善師で、誰が悪師なのか判断できないのが、末法の衆生です。
    だから、悪師を信じて不幸になるのです。

    ■私ならざる法門を僻案せん人は偏に天魔波旬の其の身に入り替りて人をして自身ともに無間大城に堕つべきにて候つたなしつたなし■

    ■仏の遺言に依法不依人と説かせ給いて候へば経の如くに説かざるをば何にいみじき人なりとも御信用あるべからず■

    天魔波旬とは、第六天の魔王の事です。
    御本仏日蓮大聖人が説かれていない教えを説く師匠は、その身に第六天の魔王が入った我々を無間地獄に巻き沿いにする恐るべき悪師なのです。

    ■設い徳は四海に斉く智慧は日月に同くとも法華経を誹謗するの師をば悪師邪師と知つて是に親近すべからざる者なり■

    ■邪悪の師とは今の世の法華誹謗の法師なり■

    悪師邪師の特徴は、なにより法華(御本尊)根本の御本仏の教えに真っ向から違背する「法華(御本尊)誹謗」の教えを説くことです!どのように素晴らしい人格を持った師匠であろうとも近づいてはならないのです!

    日蓮正宗の根本義は、御書に一片も無き「戒壇本尊」の特権によって、『戒壇本尊と直結していない大聖人御真筆本尊を含む他の本尊は、「絶対に功徳が無い」「ニセ本尊」「魔の本尊」』などとしていることです。
    これは、まさに「天魔波旬の其の身に入り替」った者による「法華誹謗」そのものであり、日蓮正宗の法主が悪師邪師魔師であるなによりの証拠です!
    そして、その教えを教義の基礎としている創価学会その他も悪師邪師魔師の宗派教団であることに変わりありません!

    御本仏日蓮大聖人曰く

    ■師なりとも誤ある者をば捨つべし■

    ■菩薩常に当に諸の悪知識を遠離すべし■


    御本尊誹謗の教義を根底にもつ師匠を捨て、すぐに悪知識の宗派教団から遠く離れるべきなのです。
    そして、我慢偏執の心をすて御本尊と御本仏の御書を師匠とすれば、個人信仰で成仏は可能なのです。

    しかし、このように理路整然と御本仏の金言と道理で証明し、末法における凡夫の正しい信心のあり方を示しても、それに素直に従えないのが、悪師邪師の宗派教団に居る者の罰の思考状態なのです。

    御本仏日蓮大聖人曰く

    ■邪師の法を信じ受くる者を名けて毒を飲む者なりと天台は釈し給へり汝能く是を慎むべし是を慎むべし■

    ■毒気深く入つて本心を失えるが故に此の好き色香ある薬に於て美からずと謂えり■

    ■毒気深入とは権教謗法の執情深く入りたる者なり、之に依つて法華の大良薬を信受せざるなり服せしむると雖も吐き出だすは而謂不美とてむまからずと云う者なり■

    ■毒気深く入つて禁じても改むること無く偏に欲楽を嗜んで自ら止むこと能わず■

    ■依法不依人の経文・毀謗此経の文をば如何に恐れさせ給はざるや、悪鬼入其身して無明の悪酒に酔ひ沈み給うらん■

    ■悪鬼入其身是なり、悪鬼と悪酒とは同じ事なり悪鬼の鬼は第六天の魔王の事なり悪酒とは無明なり無明即魔王魔王即無明なり、其身の身とは日本国の謗法の一切衆生なり、入ると呑むとは同じ事なり、此の悪鬼入る人は阿鼻に入る■

    恐ろしい事に、邪師の教えを信じてしまったことは、麻薬や悪酒を飲み続けている状態に等しく、自身の御本仏の金言と道理を示されてさえも、素直に判断し実行することは極めて難しい事なのです。
    では、どうすれば良いのか、

    御本仏日蓮大聖人曰く

    ■元品の無明は第六天の魔王と顕われたり■

    ■元品の無明を対治する利剣は信の一字なり■

    ■元品の無明の大良薬は南無妙法蓮華経なり■

    ■兼兼申せしが如く日蓮が弟子等は臆病にては叶うべからず■


    邪法邪師の大悪魔の呪縛を離れ成仏するためには、自身が、他の誰でも無く、日蓮大聖人を御本仏と仰ぐ信仰者であることを忘れず、我が己心の御本尊に題目を唱えながら、これまで示した御本仏日蓮大聖人の金言を信じ切り実行する勇気しか無いのです!

    我が己心の妙法蓮華経を本尊とあがめ奉りて我が己心中の仏性・南無妙法蓮華経とよびよばれて顕れ給う処を仏とは云うなり、譬えば篭の中の鳥なけば空とぶ鳥のよばれて集まるが如し、空とぶ鳥の集まれば篭の中の鳥も出でんとするが如し口に妙法をよび奉れば我が身の仏性もよばれて必ず顕れ給ふ、梵王・帝釈の仏性はよばれて我等を守り給ふ、仏菩薩の仏性はよばれて悦び給ふ■





      以上、随時加筆訂正いたします。
      2013.6.11加筆訂正しました。
      関連記事
      [ 2013/01/02 17:23 ] 宗教 | TB(0) | CM(6)

      狂人を師と仰げば弟子も狂人

      私、思う、学会の池田の非を咎めれば、学会は法謗
      呼ばわり、本山の日顕の非を咎めれば、法華講は法謗呼ばわり、然し共に、御本尊を第一義、日蓮大聖人を仏と仰ぐ、双方物怪の如し、確か鎌倉時代に有った現証、自界叛逆と又天変地妖と平成の今日大聖人の金言に符合する厳しき指導、今は良し、後をご覧ぜよ、しかし学会の池田氏は既に、死に体、日顕は下座、この責任何人が正すや、側近は池田氏怖くて、又生活が有るので、耳なし法一の如し、大聖人から観れば日顕も池田も、題目三遍の一学会員、一講員と竹膜と言われるに違いない、いや未だ下劣かも知れないよ、彼ら二人を作り上げたのは、学会員であり、法華講員の責任と断ずる者である。早く出て来い、御本尊に帰依する平成の指導者よ。
      [ 2013/03/14 04:51 ] [ 編集 ]

      本尊書写は大石寺の専売特許

      余り、愚かな事言う、宗門並び法華講団体に今更自称大聖人の弟子の狂団の皆さんに胃が痛くなる。それなら船守お前書けるかと聞くのか、私全体は書かざるも、題目その他は全て書いてるよ、全体を書くと法謗と言うのか、又創価の本尊は偽物と声高に、カラーコピーだから法謗か、余りの無知に言葉も出ない。只学会が詐欺と云うのなら、御本尊で金もうけ、又偽物と云うのなら日寛上人の御本尊とでたらめをいうことだ。日寛書写は、贋作偽物と言われても、仕方なし、ダビンチの作と言ってモナリザの顔の絵にまい毛を書いてダビンチに見せたら俺の書いたもので無いと言うだろう。同じ事少しでも手を加えれば、日寛は俺のと違うと言うだろう、其れを学会は日顕より、日寛のが功徳有りとか、日寛ですよと戯言いって売りさばく、困ったものだよ、日寛の文字を削除すれば詐欺で無し、見事な御本尊間違いなし、両団体よ、、本尊書写して、功徳こそあれ
      罰など有るはずがない、大聖人一生成仏抄に曰く
      文理真正の経王なれば文字即実相なりと、私字が下手なので、書写した事なし、釈迦は語る五種法師とね。釈迦は功徳有りて、大聖人は法謗の根拠ありや、否や。其処が知りたし、弥三郎
      [ 2013/03/15 23:04 ] [ 編集 ]

      多法と如来の真意

      吾人は、二乗の如し、心細く御本尊を学ぶ、管理人に迷惑とは、思ったが如来とはの意味、大聖人を信ずる一人として述べるので、少し長い文になる事ご了承願います。
       
      全て諸仏の言に偽りなし、巧みに一人の身体を以て,六万のガンジス河の数え切れない砂と説く、
      其の一人の身体の中のガンジスの砂その一つ一つの中に又ガンジスの砂有りと説く、数え切れない程の想像絶する、天文学的数で形を形容を示す
      此の砂が一人の身体を形成している。生命有るもの草も木も、60兆の細胞の事です。其の細胞の中に又60兆。此れミトコンドリヤ、人ゲノム。吾人は医学には無知であるがなっとくしたよ。コンマmm以下の如来、如、如として来たる。如来其のミクロ゜より小さい細胞の中に遺伝子その他の智慧が詰まってるんだ。方便品、諸仏智慧甚甚無量と、細胞を諸仏と語る。生命の姿不思議だね全ての細胞使命を受けて体内へ早いのは一日で死ぬように指令が繰りこまれている。一生死なない細胞心臓、忘れたが脳神経細胞か定かでなし一生と言っても千年では無いのです。どうも百五十年が限度らしい。心臓細胞は、
      故に人は百五十歳以上は生きられないのです。意味不明かな、その全体細胞を仏法では多宝如来と名付けたのです。又ガンジスの砂と
      長くなると支離滅裂なる恐れ、故に法とは我が当体、其の我を護る善なる細胞、如来と我、妙成る心と法とは一体不二として、生きている、法去れば死、妙去らねば生。臨死体験をした人なら、意味解るはず。しかし、
      此の如来は我しか護らぬ善知識法自ら働かず。此の如来の事(本質)利他を他に実行し病気をしても如来が護る、法理を他に進め折伏して行きなさい、行きますと誓ったのか゛有名な四菩薩です。如来の使いとして如来の事を現ずる。吾人馬鹿だから四六゜時中、金にならないこんな事ばかり学んでる。
      其のうち生命永遠の原理でも、説く、師釈迦は二五歳
      弟子は百歳の細胞は、瞬間瞬間年をとる。説く師智慧の釈迦心は永遠にして年を取らない、また、意味不明かな   管理人様宜しく校正取捨して結構です。共に御本尊に帰依している善男子仲間集まれ。管理人に迷惑でも座談会のようにしたいね。
      [ 2013/03/17 14:04 ] [ 編集 ]

      承認待ちコメント

      このコメントは管理者の承認待ちです
      [ 2013/04/15 16:44 ] [ 編集 ]

      承認待ちコメント

      このコメントは管理者の承認待ちです
      [ 2013/04/15 16:45 ] [ 編集 ]

      諸法実相有りのままが自然の理

      御無沙汰です。犀角独歩さん、三船小仏さん又樋田なんとかさん。のブログ読んだこと有り一番酷い知ったかぶりは、樋田さん、ゲゲゲの鼠男と瓜二つ
      創価学会の本尊カラーコピーだから、偽本尊とか、偉そうに、真に受ける法華講の人達も、オウムの如し、学会を脱会して、法華講勿論其れは自由です、しかし、其の輩がつい数年前に、会合で、池田先生、池田先生と絶叫して、池田さんの、正義を訴えていたんですよ。面白いものだ、人の心は移ろいやすし、決して、其れが悪いとは思わない、その人の心の有りのままでしょう、
      しかし、樋田さんとか云う人、御書抱えて、話す言葉は、縦板に水の如し大したものです。彼得意になって、譬諭品、過去の謗法により、次に生受け、駱駝に生まれ、驢馬に生まれ、釈迦は説いている。私
      お前は馬鹿かと言いたいよ。過去の舎利佛、知識に溺れる論語読みの論語知らず。私我見です。此の説は、謗法に依って縁あって、生まれ来たなら、一生
      苦しむ人生と驢馬だ、駱駝と説いたと心得る。又池田大明神は、二処三会の儀式、迷いの現実、宇宙を貫く生命の宝塔悟りの現実ですと、学会の教学部長とか肩書の有る人との対談で、私脳みそ、痛くなるんですよ。利養の為に法を説く、名ずけて、悪人という。私の家の十畳間、釈迦の云う悪人の本だらけ、妻は読みもしないのに、学会の供養の為、広宣流布の為と買い続け、私思うよ、読まない本なら
      鼻紙のが、未だ価値が有ると、一つお願い有ります。大石寺の御本尊何故、大聖人の最も嫌う黒、塗ったのは誰か、大聖人は、黒は迷いと、衣の色も黒くしては、いけないと、私ね、今後何時の日は知らないが、大石寺にこんな気持ちでは行かれないのです。さりとて千葉の保田妙本寺万年の御本尊しらず。悩むところです。原始仏教では、覚者、仏とは、全てを照らす太陽が真理と聞き及ぶ間違っても、出雲の黒では無いと思う。多分に日興の六本の弟子、日禅彼も大聖人から本尊授与された其れを書写した本尊を、九世、日有が彫ったと私我見でおもう。大聖人の直筆を板に彫刻するなど、尋常な人間ならば恐ろしくて出来ないであろう。余計な寝言書きました。知る人居れば、身延の本尊に、似せた大石寺の黒の御本尊の云われ知りたし弥三郎、何時もお世話に、なります。
      [ 2013/04/15 16:46 ] [ 編集 ]

      コメントの投稿













      管理者にだけ表示を許可する

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/tb.php/1053-6675e7c4




      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。