スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    樋田センセの戯論をカンタン破折^^13

    樋田センセの戯論
    http://toyoda.tv/kangaerarenai.kaigen14.htm
    を爆笑しながら朝一番にツイッターで速攻カンタン破折したよー。(^O^)アハハ八八ノヽノヽ/ \/ \!!

    樋田センセ曰く
    >つまり、この時期は佐前、未だ十界曼荼羅本尊出現の前にして、権執の一機に対しては、一往 「釈尊像」を「本尊」と定められ、随宜方便とせられたと拝するのである。


    朝から破折


    あとねー。保育園の先生「幼児性丸出し」って言う阿呆餓鬼になっちゃーいけないよ。
    (^O^)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!



    あとねー。こんな樋田上人みたいなゲーカが居るから、
    教義で負けるはずの無い『極大矛盾教団創価学会』にも敗北してしまうんだよ。


    (^O^)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!


    負けるはずの無い創価にも敗北している樋田くんを観てると、あまりにも可哀想になって来たので、ちょっと解説してあげるよ!(^O^)アハハ!!

    ■本尊は法華経八巻一巻一品或は題目を書いて本尊と定む可しと法師品並に神力品に見えたり、又たへたらん人は釈迦如来・多宝仏を書いても造つても法華経の左右に之を立て奉るべし■

    樋田くんは、佐前だから、一応『「釈尊像」を「本尊」と定め』たんだと根拠なき妄想をしてるけど、
    日蓮大聖人は、聖寿39歳において、すでに、本尊は「法華経」と定めているんだよ。
    そして、聖寿39歳において、すでに、釈尊像の役割もきっちり定めているんだねー。
    「法華経」を本尊とし、釈迦像は、法華経の左右に脇士として配置させることを定めている。

    だから、それを知らない信者が、釈迦像を本尊にしてしまわないように、信徒の元へ急いで法華経を持って行かせ、
    『法華経を本尊とし、法華経で釈迦像を開眼し、法華経の脇士にした』と推測すれば、大聖人の教えと矛盾なく整合性がとれるから、少なくとも樋田くんの根拠無き妄想よりは正解だと思うよ。
    なんにせよ。
    聖寿39歳においてすでに法華経を本尊、釈迦像などを法華経本尊の脇士と定めている大聖人が、本尊の意味で「木絵二像」と書き、それを "本来から本尊" である「法華経」で開眼して「本尊」にする等と言う意味ワカメな事を書かれる訳が無いんだよー。(^O^)アハハ!!
    もし、本尊にするために開眼が必要なら、「法華経」をこそ何らかの物や方法で開眼する事を書かれるはずである!
    大聖人は、反対に『法華経でこそ開眼すべきだ!』『法華経でしか開眼出来ない!』と御教示されているんだよ。
    わかるかな?大石寺の狂信者達!
    目覚めた後に恥ずかし過ぎて死んじゃわないように、一刻も早く気づきなさい!
    法華誹謗の罪業を消して行くのは、ほんとに大変だよ。

    御本仏日蓮大聖人曰く

    ■法華経にてこそ開眼供養すべき■

    ■木像画像の開眼供養は唯法華経にかぎるべし■

    ■法華経の文字こそ真の仏■

    ■法華経は一切の諸仏の眼目教主釈尊の本師なり、一字一点もすつる人あれば千万の父母を殺せる罪にもすぎ十方の仏の身より血を出す罪にもこへて候ける■

    ■釈迦仏等の仏の法華経の文字を敬ひ給ふことは民の王を恐れ星の月を敬ふが如し、然るに我等衆生は第六天の魔王の相伝の者・地獄・餓鬼・畜生等に押し篭められて気もつかず■
    関連記事
    [ 2014/08/13 21:24 ] 宗教 | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/tb.php/1221-2202de4d




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。