スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    大石寺狂信者達へ

    大石寺は、「三証揃った正しい宗教」「世界唯一の正統」と豪語して来た。
    ゆえに、三証の内、一つでも欠ければ、もはや「正しい宗教」では無い!
    どんな言い訳も通用しない。
    大石寺の根本教義
    「戒壇本尊と直結させてない本尊は御真筆であろうとも絶対に功徳が無い」
    に、三証が揃わなければ、大石寺は邪宗決定である!
    大石寺狂信者は、この根本教義に文証の無い言い訳を繰り返す。
    「御書にすべてが書かれている訳ではない」と。
    当たり前だ。
    すべてを書く暇も必要もあるか。
    ただし、日蓮大聖人は、末代幼稚の我々を救済するために誕生された大慈大悲の御本仏である!
    ゆえに、末代幼稚の我々が過たず成仏出来る教えだけは必ず誰にでも理解出来るように明確に書き残されているはずである!
    逆に言えば、末代幼稚の我々が、かえって迷うような教えを残される訳が無い!
    また、我々の成仏に不可欠な金言ならば、諸天に厳然と守られて残るはずである!
    末代幼稚の我々に日蓮大聖人が残された教えとは何か。
    南無妙法蓮華経を自行化他に唱えれば成仏出来ると言う事である。
    ただし条件が一つある。
    「謗法を犯さなければ」と言う条件である。
    謗法とは、法華経誹謗の事であり、その法華経を相伝によって説かれた日蓮大聖人の金言に背く事である。
    ところが、この大聖人の根本中の根本教義に違背するとしか判断出来ない教義がある!
    それが、大石寺の根本教義
    「戒壇本尊と直結させてない本尊は御真筆であろうとも絶対に功徳が無い」
    である。
    日蓮大聖人の南無妙法蓮華経の御本尊とは、法華経そのものであり、もっと言えば、法華経の眼目なのである!
    御本仏日蓮大聖人が全力で魂を込めて顕された御真筆本尊に対して「絶対に功徳が無い」と誹謗する事が、この謗法、『法華誹謗』でなくして、何が法華誹謗に当たるであろうか!
    ゆえに私は、「法華極大誹謗」と言っているのである。
    この「法華極大謗法行為」を容認どころか勧めるのが大石寺である。
    当然、大聖人が生涯貫かれた「法華誹謗は亡国・無間地獄」の教えを完全に覆す明明赫赫たる文証がなければならない!
    むしろ、そのような文証があったとしても、これまで文証を出して来なかった大石寺は、すでに、無慈悲にして与同罪の極大謗法教団と断定されるのだ!
    文証を明確に提示すれば、即座に迷わせず救われた多くの人々を放置し、疑わなくてもよい事に疑いを抱かせ迷わせ地獄に堕として来たと言ってよい。
    大石寺には、求められなくとも御真筆本尊誹謗を勧める教義の文証を提示する絶対の責務があるのだ!
    こんな当たり前の事を個人信仰者である私から求められ、喜んで提示するどころか、4年以上も放置し、置不呵責の謗法与同で必ず無間地獄に堕ちる完全敗北者の身を恥じるどころか、放置した理由を相手(私)が「ゴミ」だからと侮辱する等、もはや、その時点で、大石寺は、三証揃った邪宗である事を証明してあまりあるものである!

    大石寺が、本当に「世界唯一の正統」と呼べる絶対的に正しい宗教宗派ならば、法華誹謗そのものである教義に関する絶対に必要な文証は喜んで即座に幾つも的確に理路整然たる道理と共に提示するはずだ!
    ところが、大石寺指導者樋田氏の対応は、三年以上も返答さえせずに放置し、やっと文証を出すかと思いきや、法論相手に対する悪口罵詈を繰り替えし、まったく関係の無い、しかも、検討不能の問題を取り上げて誹謗を繰り返し、文証提示不能を誤摩化すために他の多くの問題への拡散を繰り返して誹謗すると言う、まさに法華極大誹謗の大悪魔の教団信者の姿そのものではないか!
    何度でも繰り返し書こう!
    大石寺は、「三証揃った正しい宗教」「世界唯一の正統」と豪語して来た。
    ゆえに、文証、道理、現証の三証の内、一つでも欠ければ、もはや「正しい宗教」では無い!
    どんな言い訳も通用しない。
    御書に「戒壇本尊と直結させてない本尊は御真筆であろうとも絶対に功徳が無い」事を肯定するような御文など一切無い。
    ゆえに、大石寺は、法華極大謗法を犯しながら、それを正当化できる文証無き大悪魔の邪教団である!
    ここまで書いても、毎日大石寺の猛毒悪知識を飲み続けて謗法中毒となった患者である君達狂信者は、また、繰り返すだろう。
    「御書にすべてが書かれている訳ではない」と。(^O^)アハハ!!
    もしも、法華誹謗が許される例外があるならば、必ず御書に明確に書かれていなければならない。
    ところが、御書には、例外無く法華誹謗は必ず無間地獄に堕ちる事だけが書かれているのだ!
    大石寺信者の物達よ!
    己の御本仏日蓮大聖人が明確に繰り替えし書き残された「法華誹謗は亡国・無間地獄」の根本中の根本教義を無視し、逆に御書に一片も無き大石寺の御本尊誹謗教義をどうして信じられるのだ?
    晴天に太陽が見えず、暗闇に化け物が見え、太陽に眼を閉ざし、化け物を信じる境涯である。
    大石寺狂信者達は、自分たちの言っている事にすべて条件が付く事も知らずに質問返しを繰り返す。
    「法華誹謗では無い」と言う条件である。
    「法華誹謗では無い」教団があるならば、その教団から御本尊を得、その教団の教えを受け、その教団で信仰するのが理想である。
    「法華誹謗では無い」僧ならば、三宝として帰依すべきである。
    その「法華誹謗で無い」証拠を私は求め続けているのだ!
    その証拠を出せば済む問題を何年経ってもダラダラと関係の無い事ばかりを書き連ねて逃げ続け、証拠の出せない自分を恥じるどころか厚顔無恥にこちらを誹謗し名誉を傷つけ続ける名誉毀損者の身で、逆にこちらに名誉毀損だの世間に知らせるだのと集団で脅迫までする。
    めちゃくちゃのぐちゃぐちゃな三悪道四悪趣の境涯の者がよくも揃ったものである。
    いな、同じ猛毒悪知識を飲み続けている者達なのだから、同じ下劣な境涯となる現証なのは道理であろう。
    さて、大石寺の狂信者達よ。
    すでにすでに大石寺は、三証の揃わない極大謗法教団であることは証明されている。
    しかし、大石寺が極大謗法教団だと知っても、離れたく無い離れられないのが、邪教団依存症にして大悪魔薬中毒患者の君達だろう。
    一つでも邪義があれば邪宗決定で離れなければならない謗法教団である。
    君達は、後いくつ大石寺に邪義がある事が判れば、離れられるんだ?
    大石寺にどんなに間違いがあろうとも離れられない狂信者に仕上がっているのが君達だろう。
    君達が大石寺から離れられるような問題があるなら一つ選べ!
    的外れな僧宝問題か?これまた的外れな模造本尊問題か?^^
    私は、ただの個人信仰者であり、君達を私の教団に勧誘する利も無い私に答える義務など全く無いが、答えてあげよう!
    頭破七分の末期では質問さえマトモに出来ないんじゃないのか?
    関連記事
    [ 2014/08/24 15:16 ] 宗教 | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/tb.php/1232-f970988c




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。