スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    大石寺信者にとっては意外な日蓮大聖人の教え(編集中)

    *木画の仏像・堂塔等をやきかの仏像等の寄進の所をうばいとり率兜婆等をきりやき智 人を殺しなんどするもの多し、此等は大阿鼻地獄の十六の別処に堕つべし*聖寿41歳(御真筆あり)

    自宗の御本仏の御真筆の本尊でさえも「絶対に功徳が無い」「魂が無い」と誹謗する大石寺。
    それに対して、日蓮大聖人は、邪宗の仏像でさえも不敬すれば無間地獄に堕ちると断言しているのだ!
    なにが「開眼の無い御本尊には魔が住む」だ!


    *末法に入つて天真独朗の法門無益なり助行には用ゆべきなり正行には唯南無妙法蓮華経なり*聖寿59歳 十八円満抄(真偽未決?)

    天台の観念観法の修行も法華経読誦の如く助行として認めているのである。
    確かに、大石寺創価の信者は、一人静かに謗法教団に依存している自分を見つめた方が良いだろう。


    *外道の法なれども・いうにかひなき道士の法にも雨下る事あり、まして仏法は小乗なりとも法のごとく行うならば・いかでか雨下らざるべき、いわうや大日経は華厳・般若にこそをよばねども阿含には・すこしまさりて候ぞかし、いかでか・いのらんに雨下らざるべき・されば雨は下りて候へども大風のそいぬるは大なる僻事のかの法の中にまじわれるなるべし*聖寿54歳 (御真筆あり)

    日蓮大聖人は、他宗教の利益を認めている。
    大聖人が問題にしているのは「謗法」の教えが含まれている事である。


    *我が日本国は一閻浮提の内・月氏・漢土にもすぐれ八万の国にも超えたる国ぞかし、其の故は月氏の仏法は西域等に載せられて候但だ七十余国なり其の余は皆外道の国なり、漢土の寺は十万八千四十所なり、我が朝の山寺は十七万一千三十七所なり、此の国は月氏・漢土に対すれば日本国に伊豆の大島を対せるがごとし、寺をかずうれば漢土・月氏のも雲泥すぎたり、かれは又大乗の国・小乗の国・大乗も権大乗の国なり、此れは寺ごとに八宗・十宗をならい家家・宅宅に大乗を読誦す、彼の月氏・漢土等は仏法を用ゆる人は千人に一人なり、此の日本国は外道一人もなし、其の上神は又第一天照太神・第二八幡大菩薩・第三は山王等の三千余社、昼夜に我が国をまほり・朝夕に国家を見そなわし給う、其の上天照太神は内侍所と申す明鏡にかげをうかべ内裏にあがめられ給い・八幡大菩薩は宝殿をすてて主上の頂を栖とし給うと申す、仏の加護と申し神の守護と申し*聖寿54歳
    関連記事
    [ 2014/10/15 22:40 ] 宗教 | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/tb.php/1246-7c321e82




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。