スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    大石寺猛毒悪知識によって理性を失った狂信者達へ(編集中)

    【三大秘法】とは、

    *本門の本尊と戒壇と題目の五字となり*
    *本門の本尊と四菩薩と戒壇と
         南無妙法蓮華経の五字


    により、

    A: 本門の本尊 と B:(本門の)戒壇 と
    C:(本門の題目と呼ばれる)南無妙法蓮華経の五字

    だと正常な理性を持った人間なら判断できます。


    【一大秘法】とは、

    *一大秘法を留め置きたもう(中略)
    四大菩薩に付属したもう、其の所属の法は何物ぞや、法華経の中にも広を捨て略を取り略を捨てて要を取る所謂
    妙法蓮華経の五字
    ・名・体・宗・用・教の五重玄なり*


    『妙法蓮華経の五字』だと明確に御教示されています。
    では、お馬鹿な質問ですが、
    『妙法蓮華経の五字』は、三大秘法の中で、

    A: 本門の本尊 なのか
    B:(本門の)戒壇 なのか
    C:(本門の題目と呼ばれる)南無妙法蓮華経の五字 なのか

    言うまでもなく、
    C:(本門の題目と呼ばれる)南無妙法蓮華経の五字 だろうと正常な理性を持った素直な人間は判断します。
    日蓮大聖人御自身が、一大秘法は、C:(本門の題目と呼ばれる)南無妙法蓮華経の五字だと明確に御教示されているのに、この C と区別される A: 本門の本尊 の意味だと我見の邪義を広め洗脳し、信者に、一大秘法の書かれた南無妙法蓮華経の御本尊を誹謗さているのが大石寺です!
    自宗の御本仏が「C」だと教えているのに「A」だと解釈する。
    こんな狂った根本教義の宗派が他にあるでしょうか!
    狂いまくった宗派は、「妙法蓮華経の五字」と「南無妙法蓮華経の五字」は、意味が違うと言い出すかも知れません。
    念のために検証しましょう。

    *但し妙法蓮華経と唱へ
    南無妙法蓮華経と唱え
    *今日蓮は去ぬる建長五年癸丑四月二十八日より今年弘安三年太歳庚辰十二月にいたるまで二十八年が間又他事なし、只妙法蓮華経の七字五字を日本国の一切衆生の口に入れんとはげむ計りなり*


    大聖人は、本門の題目を「妙法蓮華経」とも「南無妙法蓮華経」とも呼ばれていた事が解ります。
    「建長五年癸丑四月二十八日より」ですから「妙法蓮華経の七字五字」共に『本門の題目』の意味です。
    「口に入れん」ですから、やはり「妙法蓮華経の七字五字」共に唱題の意味も含む『本門の題目』の意味です。


    以上、素直に普通の理性で検証した結果、「妙法蓮華経の五字」も「南無妙法蓮華経の五字」も、同じ『本門の題目』の意味である事が判明しました。
    一大秘法の「妙法蓮華経の五字」とは、とりもなおさず『本門の題目』の事なのです。

    なお、「本門の題目」には、三大秘法が具わっています。

    ■妙法蓮華経の如意宝珠■ 聖寿34歳
    ■如意宝珠は一あれども万宝を雨して欠処之れ無し■ 聖寿44歳
    ■妙法蓮華経の五字に一切の法を納むる■ 聖寿45歳
    題目の五字に一法として具足せずと云う事なし■聖寿57歳
    ■有門は題目の文字なり空門は此の五字に万法を具足して一方にとどこうらざる義なり■聖寿57歳
    ■法具とは題目の五字に万法を具足すと云う事なり■ 聖寿59歳
    ■一心は万法の総体なり総体は題目の五字なり■ 聖寿59歳
    ■題目の五字に万法を具足す■聖寿59歳
    ■題目の一心に一切心を含容するを多と云うなり■聖寿59歳


    よって、
    一大秘法の本門の題目を書き顕せば、「本門の本尊」になり、
    一大秘法の本門の題目を唱える処は、「本門の戒壇」になるのです。

    妙法五字の光明にてらされて本有の尊形となる是を本尊とは申すなり*
    *南無妙法蓮華経と唱え奉る者の住処は山谷曠野皆寂光土なり此れを道場と云うなり*聖寿57歳


    大石寺の「一大秘法とは本門の本尊就中戒壇本尊」なる教えは、大石寺法主の我見による究極の邪義であり、御本仏日蓮大聖人の仏法を根源から破壊する大悪魔の狂義と決定されました!

    *邪悪の師とは今の世の法華誹謗の法師なり*
    *「文証無きは悉く是れ邪の謂い」とも云へり、いかが心得べきや*
    証文無くんば何と云うとも法華誹謗の罪過を免れず此の事当家の肝心なり返す返す忘失する事勿れ*
    私ならざる法門を僻案せん人は偏に天魔波旬の其の身に入り替りて人をして自身ともに無間大城に堕つべきにて候つたなしつたなし*聖寿58歳


    大石寺猛毒悪知識によって理性を失った狂信者達よ。
    君達の御本仏日蓮大聖人は、御覧の通り、大石寺の法主とは、大悪魔がその身に入った邪師だと判断出来るように明確に書き残されています。
    御書は、一切衆生が、そして、貴方達が迷わず誤らず救われるために残った御本仏の金言なのです。
    これら御本仏の金言を拝しても気づかない目覚められないならば、まさに自業自得であり、無間地獄から免れる道は、もうありません!
    『法華経の眼目』を誹謗する罪は、甚大であり、一大秘法の題目でさえも消し難い極罪です。
    一刻も早く信仰の寸心を改めて、極大謗法教団を離れ、極大謗法教団を破折する戦いを開始するのです!
    それ以外に、これまでの極大謗法の罪を消す方途はありません!
    以上の事に少しでも疑問があるなら、もうこれ以上謗法を犯さず、素直な心で質問するのです!
    関連記事
    [ 2014/10/22 18:42 ] 宗教 | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/tb.php/1250-91983979




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。