スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    大石寺の血脈絶対論を検証した。 (編集中)

    日蓮大聖人の教えに戒壇本尊なる唯一絶対の本尊など登場しない。
    その唯一絶対の本尊と直結しなければ、御真筆本尊であろうとも絶対に功徳が無いと誹謗出来る根拠は、御書の何処にも無い。
    法華経は、いかなる理由があろうとも、いかなる者であろうとも、少しも誹謗してはならないと言うのが、大聖人が生涯貫かれた教えである。
    それにも関わらず、大石寺の信者が、法華経の眼目中の眼目たる御真筆本尊でさえも「絶対に功徳が無い」と誹謗するのはなぜか。
    大石寺法主の教えだからである。
    大石寺代々の法主に、御書に無き、法華誹謗を推進する唯一絶対の本尊義が「血脈」として伝わっていると信じているからである。

    いったい「血脈」とは何か。
    大石寺では、「一子相伝」であり、「秘密」であり、「ゲーカの内証」だと言っている。
    つまり、ゲーカ以外の誰人も知れないものであり、信者は、ただただ信じなさいと言うのである。
    はたして、このような血脈論は、証文、道理、現証の三証に照らして正しいと言えるのか検証した。


    ■血脈とは、一子相伝だけなのか?

    それは、一つの手段でしかない。一切衆生へ相伝し、一切衆生を成仏させるのが、仏の目的である。

    <文証>*日本国の一切衆生に法華経を信ぜしめて仏に成る血脈を継がしめんとする*

    <道理>一切衆生に継がそうとされた大聖人の血脈が、「一子相伝」だけで無い事は明らかだ。

    <現証>「一子相伝の血脈」が無いはずの他宗派よりも、「一子相伝の血脈」があるはずの大石寺が700年間も衰退して行ったのは、一子相伝の特別な血脈など始めから無いか、途中で途切れたか、どちらかである。



    ■「一子相伝の血脈」は、途切れないものなのか?

    「一子相伝の血脈」は、必ず途切れるものだ!

    <文証>*案の如く仏の御言違わず師子尊者・頚をきられ給う事・実に以て爾なり、王のかいな共につれて落ち畢んぬ、二十八祖を立つる事・甚以て僻見なり禅の僻事是より興るなるべし*

    <道理と現証>「一子相伝」は断絶する。六世も七世も面受口決出来ずに急死したにも関わらず現在の大石寺に一子相伝の血脈なるものが流れているとする大石寺は、大僻見の邪宗である。



    ■「一子相伝の血脈」がなければ、仏法は断絶するのか?

    「一子相伝の血脈」なくとも、仏法は断絶しない。

    <道理と現証>師子尊者死して数百年後も天台が「血脈」を伝え、伝教が登場し、末法時代に白法は隠没するも日蓮大聖人によって大白法が流布されたのである。



    ■御本仏日蓮大聖人は、血脈について、どのように御指南されているのか?

    「妙法蓮華経の五字」が、血脈だと明確に御指南されている。

    <文証>*妙法蓮華経の五字過去遠遠劫より已来寸時も離れざる血脈なり*

    また、本仏と妙法蓮華経と我々の仏性が全く差別が無いと信解して唱える題目が「血脈」だと御指南されている。

    <文証>*久遠実成の釈尊と皆成仏道の法華経と我等衆生との三つ全く差別無しと解りて妙法蓮華経と唱え奉る処を生死一大事の血脈とは云うなり*

    「一大秘法」も、「御本仏の魂」も、「出世の本懐」も、そして、「血脈」も、すべて『本門の題目』南無妙法蓮華経なのである!
    大聖人は、「一大秘法」についても、「出世の本懐」についても、そして「血脈」についても、「戒壇本尊」どころか「本門の本尊」とさえ一度も述べられてないのだ!
    大聖人がこれらすべてに共通して述べられた『本門の題目』を否定し、大聖人がこれらに一切述べられてない「戒壇本尊」なるものによって、『本門の題目』の書き顕された御本尊を誹謗し、こともあろうに、自宗の「御本仏」とする日蓮大聖人の御真筆本尊までも誹謗するのが、大悪魔教団大石寺なのである!

    *私ならざる法門を僻案せん人は偏に天魔波旬の其の身に入り替りて人をして自身ともに無間大城に堕つべきにて候つたなしつたなし*

    *天台伝教の解釈の如くんば己心中の秘法は但妙法の一言に限るなり、然而当世の天台宗の学者は天台の石塔の血脈を秘し失う故に天台の血脈相承の秘法を習い失いて我と一心三観の血脈とて我意に任せて書を造り錦の袋に入れて頚に懸け箱の底に埋めて高直に売る故に邪義国中に流布して天台の仏法破失するなり、天台の本意を失い釈尊の妙法を下す是れ偏えに達磨の教訓・善無畏の勧なり*

    *此の外に今仏出来して法華経を末代不相応と定めば既に法華経に違す知んぬ此の仏は涅槃経に出す所の滅後の魔仏なり之を信用す可からず*

    *仏弟子等・必ず仏法を破るべし師子身中の虫の師子を食*

    *大風の草木をなびかすがごとくなる高僧等・我が正法を失うべし*

    *大悪魔は貴き僧となり父母・兄弟等につきて人の後世をば障るなり*

    *我が未来に於て予が仏法を破らん為に一切衆生の元品の大石・第六天の魔王・師子身中の蝗蟲と成つて名を日蓮に仮りて本迹一致と云う邪義を申し出して多の衆生を当に悪道に引くべし*
    関連記事
    [ 2014/11/03 16:31 ] 宗教 | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/tb.php/1256-5bc93516




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。