スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    大石寺日如ゲーカの詐欺説法を破折する!


    26年五月度広布唱題会 御法主上人御指南拝読 012

    ◇◇◇


    「法報応の三身が一切衆生に本来具わっている」(主意)とのゲーカの説法に、今頃驚く樋田センセ。(^O^)アハハ!!
    9分9秒頃までは、正しい御説法である。
    ところが、その後、『(成仏の)大事な条件』を説き始める大石寺のゲーカサマ。
    「信心が大事」との御文を引いて根拠を出したかのように見せかけて、実際は何の根拠も無く「大石寺の大御本尊」への「信心」が無ければ成仏出来ないと詐欺説法するのだ。
    この大石寺のゲーカサマの「切り文」「曲解」「コジツケ」「超拡大解釈」による詐欺説法を破折しよう。

    大石寺のゲーカサマは、
    *此の本法を受持するは信の一字なり、元品の無明を対治する利剣は信の一字なり無疑曰信の釈之を思ふ可し*

    との御文を出して「大石寺の大御本尊」への信心が成仏の『大事な条件』とする。
    「此の本法」が、「大石寺の大御本尊」を意味しなければ、全く成り立たない御文である。
    さて、「此の本法」とは、何か。
    「切り文」された同相伝(御義口伝)の少し前から拝せば明確となる!

    御本仏曰く
    *此の菩薩は本法所持の人なり本法とは南無妙法蓮華経なり、此の題目は必ず地涌の所持の物にして迹化の菩薩の所持に非ず、此の本法の体より用を出して止観と弘め一念三千と云う、惣じて大師人師の所釈も此の妙法の用を弘め給うなり、此の本法を受持するは信の一字なり、元品の無明を対治する利剣は信の一字なり無疑曰信の釈之を思ふ可し*

    御覧の通りである!
    『此の本法』が、「戒壇の大御本尊」と言う解釈は、「切り文」による「曲解」であり「コジツケ」であり「超拡大解釈」である事が判明する!
    大聖人は、『此の本法』が、「本門の本尊」とさえも相伝されていないのだ!

    *本法とは南無妙法蓮華経なり、此の題目*

    と、明確に『本化地涌の菩薩の所持する南無妙法蓮華経の題目』つまり、『本門の題目』と相伝されているのである!!!
    それを、「切り文」「曲解」「コジツケ」「超拡大解釈」して、「大石寺の大御本尊」唯一絶対への信心への根拠にするのが、大石寺得意の詐欺説法なのだ!
    「一大秘法」とは「妙法蓮華経の五字」との明確な文証があるのに、その御本仏の金言に反逆して「大石寺の大御本尊」が一大秘法と詐欺説法し、
    「出世の本懐」も「南無妙法蓮華経の五字」との明確な相伝があるのに、その御本仏の金言に反逆して「大石寺の大御本尊」が出世の本懐と詐欺説法し、
    「此の本法」も、「南無妙法蓮華経の題目」である明確な相伝があるのに、その御本仏の金言に反逆して「大石寺の大御本尊」が「本法」かのように詐欺説法するのが、御本仏日蓮大聖人御真筆本尊の功力さえも左右出来る絶対者の中の絶対者、極大増上慢の大石寺のゲーカサマサマなのだ!
    この「日蓮正宗」なる名を語りながら、日蓮大聖人の金言に反逆し、日蓮大聖人御真筆本尊をも否定する「大石寺」の正体はなんなのか。

    大石寺が認める「血脈抄」に曰く
    *我が未来に於て予が仏法を破らん為に一切衆生の元品の大石・第六天の魔王・師子身中の蝗蟲と成つて名を日蓮に仮りて本迹一致と云う邪義を申し出して多の衆生を当に悪道に引くべし、若し道心有らん者は彼等の邪師を捨てて宜く予が正義に随うべし*(※他宗派では偽書とする本因妙抄)

    を、大聖人の未来における「邪宗の根本宗派破折の原理」として拝読すれば、

    *我が未来に於て予が仏法を破らん為に一切衆生の元品の大石(大石寺)・第六天の魔王・師子身中の蝗蟲と成つて名を日蓮(日蓮正宗)に仮りて【戒壇本尊唯一絶対】と云う邪義を申し出して多の衆生を当に悪道に引くべし、若し道心有らん者は彼等の邪師を捨てて宜く予が正義(日蓮大聖人の金言)に随うべし*

    となる!!!
    そして、日興上人に与えられた相伝、

    *元品の無明を対治する利剣は信の一字なり*

    は、「血脈抄」との照合により、

    「元品の無明(元品の大石→大石寺)を対治する利剣は、御本仏日蓮大聖人の金言への信の一字なり」

    と拝すべきことが感得されるのだ!

    *若し道心有らん者は彼等の邪師を捨てて宜く予が正義(日蓮大聖人の金言)に随うべし*

    である!
    即座に、大石寺の御本尊誹謗の邪師を捨てて、日蓮大聖人の金言に随った信心をすべきである!
    そのためには、己の「信心の利剣」しかないのだ!
    御本仏日蓮大聖人の金言への信心である!

    御本仏曰く
    *邪悪の師とは今の世の法華誹謗の法師なり*

    御本仏曰く
    *日蓮が一門は正直に権教の邪法・邪師の邪義を捨てて正直に正法・正師の正義を信ずる故に当体蓮華を証得して常寂光の当体の妙理を顕す事は本門寿量の教主の金言を信じて南無妙法蓮華経と唱うるが故なり*
    関連記事
    [ 2014/12/21 04:01 ] 宗教 | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/tb.php/1273-6fdfc173




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。