スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    創価学会を離れてから多くの病が出ては消えて行きました。

    2007年1月、創価学会から離れ、すぐにその結果は現われました。
    不思議な日に難に遭い、その結果、祈った通りのお金が入り、借金はすべて返し、0.0以下だった視力は0.7まで回復し、祈りながら想像した場所に、お金のかからない家が建てられました。
    それだけではありません!
    御書に書かれているような、とても不思議な体験をしました。
    毎日が不思議な体験と言っても良いかも知れません。
    しかし、それを書くと、返って不審に想われるかも知れないので書きません。

    創価学会を離れ、創価学会や大石寺を破折する中で、いろんな病が出てきました。
    一歳の時から創価学会に居た大謗法が蓄積されているのですから当然でしょう。
    積んで来た罪業は、必ず出さなければなりません。

    日蓮大聖人曰く
    *いはずば今生は事なくとも後生は必ず無間地獄に堕べし、
    いうならば三障四魔必ず競い起るべし*
    *此の法門を申すには必ず魔出来すべし魔競はずは正法と知るべからず*

    問題は、いかに謗法の重罪を妙法の力で薄めて軽く出すかです。

    それが*転重軽受*です。

    そして、病が消えた後に、以前よりも健康な体になるのが*変毒為薬*です。

    これまで、私の身に出て来た病と体の状態の経過を記録しておきます。
    頭の先からから爪先まで

    わずかながら偏頭痛がありましたが、病院も薬も使わず治りました。

    長時間話をしていると、頭がボーとして変な状態になってたのですが、今はスッキリしてます。

    ろれつが回らなくなり、脳梗塞かと心配しましたが、大丈夫でした。

    軽い顔面(目の下)の痙攣がありましたが、病院も薬も使わず治りました。

    目にアメーバーが寄生して失明の危険がありましたが、完治しました。

    小学3年の時から近視で0.0以下となり、コンタクトをしても夜の標識が二重に見えたり、矯正視力も低かったのですが、裸眼で0.7に回復しました。矯正視力は1.5(2.0?)以上で見えすぎるぐらいです。

    朝起きると目やにが酷かったのですが、とても改善しました。

    長年、寝ていて耳鳴りがしてましたが、病院も薬も使わず改善しました。

    外出すると鼻の中の汚れが酷かったのですが、病院も薬も使わず、とても改善しました。

    首の後ろに長年腫瘍があったのですが、カンタンな手術によって治りました。

    電気毛布による乾燥のため喉の奥が炎症をおこし、切れて少し血がでましたが、一週間で治りました。

    年を取る程に声は出なくなるのが通常だと想いますが、年々高い声がスムーズに出るようになり、知らない人達からも声をかけられる程になりました。

    右肩に固い物を持つ作業をしてから肩を痛めましたが、完治しました。

    腕相撲で痛めて長年痛かった右肘が治ったようです。

    左手首が痛かったのですが、治ったようです。

    左腕の肩から手首にかけて痺れと痛みましたが、治りました。

    左薬指に長年なかなか治らない皮膚病のようなものがありましたが、ほぼ治っています。

    指先が冷たくて痺れていたのですが、ほぼ治りました。

    長年のストレスによって、寝てると背中全体が痛かったのですが、病院も薬も使わず完治しました。

    ジャンプした衝撃で腰を痛め歩けない程でしたが、病院にも行かずストレッチだけで一週間で治りました。

    寝ていたら両足全体が酷く痙攣し、もの凄い痛みで起きる事も出来ず、このまま障害者になるのではないかと想いましたが、ネットで購入した御真筆本尊の模造を拝し、たった四回の題目で痛みが消えて治りました。

    牛乳を飲むと下痢をする体質だったのですが、いつのまにか下痢しなくなりました。

    右足の付け根が痛かったのですが、病院も薬も使わず治って来てます。
    ※2015年2月某日より痛みが無くなり、スポーツをしても学生時代並みに足が動くようになりました!

    このような功徳体験の数々も、創価や大石寺信者は、「大石寺の功徳以外は魔の通力」と教えられた洗脳思考によって否定するのでしょう。
    しかし、「大石寺の大御本尊」と繋がった本尊を拝んでいた「日蓮正宗創価学会」時代にも治らなかった病気が、創価を離れ大石寺を折伏してから治ったのですから、
    これら数々の現証が、創価や大石寺信者の考える「魔の通力」ならば「大石寺の大御本尊」の功徳は、「魔の通力」にさえも劣る事になります。
    関連記事
    [ 2015/01/12 14:13 ] 宗教 | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/tb.php/1279-783fd736




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。