スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    『阿部英樹』なる我慢偏執にして厚顔無恥の狂信者を極カンタンに破折する。

    『阿部英樹』なる我慢偏執の狂信者を極カンタンに破折する。
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1290.html

    を読んでも恥じない『阿部英樹』なる我慢偏執の狂信者が、またまた、愚かすぎる事を書いて来た。

    >小心者君、大聖人のご誕生は1222年である(笑)そして立宗が1253年である。末法時代の基準は諸説があり正法時代、像法時代も諸説がある。御本仏が御出現以前の衆生は釈尊の法で救われたのである。そして末法の当時の衆生は大聖人の御出現によって救われたのである!(笑)興福寺、東大寺の時代の焼き討ちの罪は小さい罪だと大聖人は仰せである。つまり像法時代の一分の功徳、罰があったという事である。末法のこの時代に学会のニセ本尊、お前のネットのゴミ本尊など焼き払ってもなんの罪にはならない❗ただの謗法払いである。詰めがあまいいですよ!(笑)小心者君(笑)

    だそうだ!
    (^O^)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!

    さて、
    末法時代の基準は諸説があり
    だそうだが、
    この恥知らずは、大聖人が「末法時代」を ”いつからと考えていたのか” ぐらいも思考が回らなかったのだ。

    大聖人曰く
    *今末法に入つて二百余歳*聖寿54歳

    *銅の釈尊をやきし守屋は四天王の矢にあたり東大寺興福寺を焼きし清盛入道は現身に其身もうる病をうけにき彼等は皆大事なれども日蓮が事に合すれば小事なり小事すら猶しるしあり大事いかでか現罰なからむ。*

    も聖寿54歳の御作である。

    わかるかなあ〜(^O^)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!
    頭破七分の末期で、わかるかなあ〜(^O^)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!
    関連記事
    [ 2015/03/02 18:22 ] 宗教 | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/tb.php/1291-777a858f




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。