スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    日蓮正宗法華講等が「偽物」扱いしている御本尊の大功徳

    「代々の法主の開眼のない御本尊は、偽物であり、魔である」と言う。
    恐ろしいことだ!御書を曲解し、大謗法を犯し続けている者達が居る。
    彼らが、「偽物」「掛け軸」「魔」だとする創価学会授与の御本尊様の功徳の真実をここに示す。
    大聖人曰く「功徳とは六根清浄の果報なり」
    学会を離れるまで、私は、経済的な問題にいつも悩まされ、目も耳も鼻も悪かった。
    しかし、学会を離れると決めた年に不思議な大功徳をいただき経済的な悩みは、見事に解決した。まったく祈った通りの不思議な功徳を不思議な日に不思議なことを知った朝にいただくことが決定されたのである!
    私は悩んでいた。
    創価学会が創り、創価学会員が育て、発展させ、勝利させ、政権与党にまでした公明党が、沖縄の普天間基地を、同じ沖縄に移設することを推進すると言うのだ!
    普天間基地の無条件閉鎖どころか、海外移設、県外移設も「不可能」だと言うのだ!
    少年部の時は、公明党の勝利をめざして一日17時間の題目を一心不乱に唱えたこともある。
    中等部の時は、公明党勝利のために、学校の多くの先生にまで電話したこともある。
    子供の頃から数十年も、沖縄の平和、世界の平和のためになると信じて戦って来たと言うのに、沖縄がいざと言う時に、米軍基地建設を推進する党になってしまうとは、なんと言う裏切り、なんと言う絶望であろうか!
    池田先生の指導は
    「不可能を可能にする信心」ではなかったのか!
    「沖縄に平和がなければ、世界の平和はない」ではなかったのか!
    「沖縄を戦争の要塞から平和の要塞へ」ではなかったのか!
    おかしい!
    幹部の誰一人として、公明党の「普天間基地辺野古移設推進」に疑問を発する者はいない。
    「普天間の危険性の除去のためには仕方ない」と言う。
    なんだそれは!今まで、さんざん批判してきた自民党と同じ言い訳ではないか!
    なによりおかしいのは、池田名誉会長本人である。
    この10年以上に渡る普天間基地問題に対し、ただの一言も「沖縄県内移設反対」と発言しないのである!

    県内移設容認派の稲嶺・仲井真知事を誕生させたのは、創価学会と言っても言い過ぎではないだろう。辺野古移設容認派の名護市長を連続して誕生させたのも創価学会である。
    創価学会さえなければ、沖縄に県内移設容認の知事も市長も誕生などしていない。
    創価学会の責任は極めて重大であり、もし、辺野古への移設が実行されれば、万代に渡る甚大な罪を犯すことになる。
    いったい、創価学会は、これまで、なんのために「平和平和」と叫んで来たのだ!

    2007年1月7日の同時中継だった。
    会館のモニターに池田名誉会長がアップで映し出されたとき、ひとりの女性がモニターの方に歩いて行き、突然マイクをスタンドから抜き取り、画面の中の池田名誉会長めがけて強く投げつけたのである!
    会場は一時騒然となり、男子部らがその女性を押さえて連れて行くのだった。
    そのとき、私の心の中で、大きな疑問が氷解していった。
    「先生は、大変なことをしている。」
    その日から、創価学会を離れる決意をした。

    それから、たった一ヶ月後に大きな災難が襲って来た。
    私は、これまでの財産を多く失った。
    しかし、私は、なにも動じなかった。
    「こんな不思議な日に、こんな不思議なことを知った朝に、こんな難に遭うとは、必ず大きな意味がある!」
    その通りだったのである。
    難は功徳だったのだ。
    あの難、そして、御本尊の功徳がなければ、私は、今頃どうなっていただろうか。
    借金のためにお金を借りては返す自転車操業の毎日から、将来の目標を余裕を持って考えられる日々へと大きく変えることができた。
    それから一年後の2008年、今度は、失明の危機に直面した。
    朝、鏡を見ると、左目が真っ赤になっていた。そしてよくよく見ると瞳の中に白い点ができていた。冷たいタオルを当てたりしたが治らなかった。
    翌日、眼科に行くと、失明の危険があることを告げられ、目薬を3種類ほど渡されたが、一週間しても良くならない。遠くの大きな病院を紹介され、そこでも失明の危険を告げられた。週2回片目で車を運転し通院、はじめて眼球に注射をされた。4種類の目薬を交互に一日50回の点眼を2ヶ月も続けた。
    その間、私は、御本尊に祈りながら思った。
    「創価学会を離れた私の信心が間違っているなら失明するかも知れない。しかし、間違っているのは、何十年も「沖縄が大事、平和のための広宣流布」と指導しながら、いざとなったら沖縄に危険な米軍基地を新設することを平気で推進する公明党であり、そんな公明党を平然と応援させる創価学会である!私の目は治る!以前よりも良くなる!変毒為薬してみせる!」と。
    そして、一ヶ月経った頃だろうか、病院での視力検査のとき、検査員の表情が変わるのがわかった。なんと視力が低下するどころか、アップしていたのである!
    私は、小学校の頃から近視で、視力は0.04~0.07ぐらいしかなかった。その目が、視力0.2ぐらいにアップしていたのである。何十年も経過した近視は、眼球自体が変形しているらしく、回復しないのが医学では定説となっている。あれから2年、今では、両眼で視力0.6~1.0にまで回復した。2年前まで、度数を落とした室内用メガネをかけて0.4しかなかった視力が、裸眼で0.6以上である。0.4しか見えず、返品しようとしたメガネで1.8まで判る!もう見えすぎるぐらいになってしまった。あんなに真っ赤で悲惨な状態だった眼球も小学校の時のように少し水色がっかった白い状態にまでなった。
    0.07の視力から0.6への回復は、視力回復関係サイトの情報でも、ありえない回復なのである。実は、一時的ではあるが、裸眼で1.2まで判別できることもある。キセキと言っても良い回復だろう。

    気がついてみれば、良くなったのは目だけではなかった。鼻も子供の頃から蓄膿症気味で、外出すると鼻の中の汚れが激しかったが、今では、外出しても鼻は汚れず、いつもすっきりしている。夜寝てると耳鳴りしていたのだが、それもなくなった。声も昔でなかった高さの声が余裕で出せるようになって、「なにより声が素晴らしい」とまでメッセージされるまでになった。頭も良くなった可能性がある。7年間のストレスで体全体がぼろぼろになりかけていたのだが、背中や足首や肩の痛みも消えた。考えてみれば、創価学会をやめずに続けていたら、今頃どうなっていただろうか?まさに六根不浄の不幸な状態だったのである。
    それが、学会を離れた途端に、祈った通りの大功徳を頂き、長年の経済的問題がすべて解決し、目も耳も鼻も不浄で体もぼろぼろだった私が、六根清浄と言う真実の功徳を受け、体全体が健康になったのだ。
    創価学会は、間違っている。しかし、その創価学会授与の御本尊であっても、御書にある通りの日蓮大聖人様がお約束された「皆成仏道の法華経の文字曼荼羅」であり、謗法を離れ破折して祈るならば、厳然と大功徳があるのだ!

    法華講が、どんなに学会授与の御本尊を否定したくとも、これは、事実なのだから仕方ない!
    私の周りの学会から離れられずにいる学会員は、あっちでもこっちでも罰の現証が起こっている。特に幹部である。「根源の師を忘れて余へ心をうつさば必ず輪廻生死のわざはいなるべし」大聖人様が仰っている通りだ。毎日毎日、根源の師である大聖人様よりも池田先生池田先生の毎日を送っている学会員に罰の現証が起こるのは当然である。ある幹部には「学会の指導にも反する現在の公明党支援活動をすれば、選挙後に罰の現証が出ます」と言ってあったが、その通りに罰がでている状況だ。
    学会の中で、最も人格も優れていたある婦人も2年程前に、まだ若くして亡くなった。純粋な信心であるほどに罰の現証も明確にでるのだろうか。もっと早く学会が謗法であり、学会を離れてこそ御本尊の功徳が輝くことを伝えたかった。悔やまれて仕方ない!

    宗門法華講は、このように明確に功徳ある御本尊を偽物扱いし続けている。
    恐ろし過ぎることである!御書を正確に拝すれば拝する程に、法華講などが言っていることが我見謗法であることは明確ではないか!
    嘘つきにして少欲知足にあらざる偽貫首を盲信し、功徳厳然たる御本尊を偽物扱いし続けた罪は、いかほどのものであろうか。。現世で現証がでないのであれば、来世は永遠に無間地獄であると恐れなければならない。一日一瞬でも早く、「信仰の寸心」を改めるべきである。功徳厳然たる御本尊を偽物扱いし続ける大謗法の宗門法華講から離れ、強く破折すべきである。それ以外に、甚大なる罪を消すことはできない。人生はあっと言う間である。



      関連記事
      [ 2010/09/01 15:24 ] 宗教 | TB(0) | CM(13)

      「本門戒壇の大御本尊」に繋がった御本尊

       私は、あなたが学会を抜けられて大変に運が良かったと思います。それで色々良い方向に向いたのでしょう。
       しかし、まだ最善では無いと思います。それと云うのも学会本尊は大変不完全なものです。まづ、元本を改変してあること。次に、本仏池田の恣意の目的(北朝鮮流の総体革命と洗脳)の為の道具として作られた事です。
       確かに悪魔に手を合わせても一応は守りは有るでしょう。しかし、その人は魔界を棲家とすることになります。ですから一時も早く、正式に「本門戒壇の大御本尊」に繋がった御本尊で信心されることを願っています。
      [ 2010/09/26 00:08 ] [ 編集 ]

      同時中継?

      2007年にはリアルタイムで同時中継ではなく、録画編集して配信されていました。
      私は、名誉会長がマイクを投げつけられる場面を、見たことも聞いたこともないのですが…

      ちょっと信じられません。
      [ 2013/05/30 22:41 ] [ 編集 ]

      Re: 同時中継?

      > 2007年にはリアルタイムで同時中継ではなく、録画編集して配信されていました。
      > 私は、名誉会長がマイクを投げつけられる場面を、見たことも聞いたこともないのですが…
      >
      > ちょっと信じられません。

      コメント有り難うございます。
      ですが、文章を誤解して読まれています。
      私は、
      「会館のモニターに池田名誉会長がアップで映し出されたとき、ひとりの女性がモニターの方に歩いて行き、突然マイクをスタンドから抜き取り、画面の中の池田名誉会長めがけて強く投げつけたのである!」
      と書いたのです。
      ゆっくりと読んでください。

      後、全国放映された、恐らくリアルタイムの同中を覚えていますか?
      新年に、珍しく会館の外からの中継で、車から降りてくる名誉会長に、
      秋谷会長が「先生あけましておめでとうございます!」と言ったのです。
      それに対し、名誉会長が、なんと言ったか、覚えていますか?
      [ 2013/05/31 00:31 ] [ 編集 ]

      あ!

      私の勘違いでした。
      地方の会館で、中継されていた画面に投げつけたのですね。
      大変失礼いたしました。
      [ 2013/05/31 00:31 ] [ 編集 ]

      Re: あ!

      > 私の勘違いでした。
      > 地方の会館で、中継されていた画面に投げつけたのですね。
      > 大変失礼いたしました。

      勘違いと分ってよかったです。
      貴方は、ただの勘違いだと思いますが、
      これまでネットで対応した日蓮正宗や学会員には、カンタンな日本語の読めない方が多すぎます。

      後、全国放映された、恐らくリアルタイムの同中を覚えていますか?
      新年に、珍しく会館の外からの中継で、車から降りてくる名誉会長に、
      秋谷会長が「先生あけましておめでとうございます!」と言ったのです。
      それに対し、名誉会長が、なんと言ったか、覚えていますか?

      には、回答がありませんが、今度は、見えないという事でしょうか?
      それとも、学会に都合が悪いので話したく無いのでしょうか?
      同中に詳しいのでしたら、ご存知のはずですけどね。

      自分を偽らなければならない信心、何かを隠さなければならない組織信心は、それ自体が、邪宗邪教であることを物語っていると思いますよ。
      [ 2013/05/31 17:40 ] [ 編集 ]

      回答していなくてすみません。

      その中継の場面は見たような、かすかな記憶はあるのですが、名誉会長が言われた言葉は覚えておりません。

      それから私も学会には疑問を感じており、最近は活動には参加していませんが、信心は続けています。

      学会の御本尊の功徳と罰は、体験しており、信じています。

      不躾な質問となってしまったことを、重ね重ねお詫びいたします。
      [ 2013/05/31 23:52 ] [ 編集 ]

      Re: 回答していなくてすみません。

      > その中継の場面は見たような、かすかな記憶はあるのですが、名誉会長が言われた言葉は覚えておりません。

      そうですか。
      名誉会長は、「なにが、おめでとうだ!カマキリみたいな顔して!」と言いました。
      リアルタイムで流れているとは思わなかったんでしょうね。

      > それから私も学会には疑問を感じており、最近は活動には参加していませんが、信心は続けています。

      細々とした疑問かも知れませんが、創価学会は、根本教義から日蓮正宗と同じく邪義なのですよ。
      法華極大謗法と言ってよい邪義を持っていますから、どうしようもありませんよ。

      > 学会の御本尊の功徳と罰は、体験しており、信じています。

      そうでしょう。
      創価学会を離れるのみならず、御本尊まで否定する信じられない愚か者まで世の中にはいます。
      貴方も、もっと声を大にして学会本尊の功徳と罰を発言されてはいかがですか。


      > 不躾な質問となってしまったことを、重ね重ねお詫びいたします。

      いえいえ。
      偽りの批判と勘違いして書かれたのでしょう。
      真実で批判すればいいものを偽りや想像だけで誹謗する者達も居ますからね。
      それを、学会では「怨嫉」とし、ますます学会正義の証明に利用する。
      「法門で宗教の正邪を判断しなさい」と大聖人が仰せであることはご存知でしょう。
      学会の法門は、日寛以前から間違っています。
      御視聴ください。
      http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1099.html
      http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1109.html
      解らないところがありましたら、なんなりと遠慮なくコメントしてください。
      [ 2013/06/02 00:05 ] [ 編集 ]

      ありがとうございます

      そのような発言をされていたとは、知りませんでした。
      同時中継にはすべて参加していたわけではないので、その場面を見たような気がしていたのは、勘違いだったようです。

      創価学会と日蓮正宗の邪義については、これからじっくりと勉強させていただきます。
      [ 2013/06/02 05:06 ] [ 編集 ]

      Re: ありがとうございます

      > そのような発言をされていたとは、知りませんでした。
      > 同時中継にはすべて参加していたわけではないので、その場面を見たような気がしていたのは、勘違いだったようです。

      私は、その場面を観たときも、他の問題発言のときも、すべて、良いように解釈し問題としなかったのです。
      これが、謗法の組織に居ることの恐ろしさです。


      > 創価学会と日蓮正宗の邪義については、これからじっくりと勉強させていただきます。

      お調べになりたい情報は、当ウログの検索窓に知りたい情報の一部を書き込んで検索してください。
      不審点やお知りになりたい事がありましたら、どうぞ、ご質問ください。
      個人情報に関わること以外は、できるだけお答えします。
      私は、アンチ創価学会ではなく、極大謗法教団批判者です。
      よろしくお願いします。
      [ 2013/06/03 19:11 ] [ 編集 ]

      沖縄

      はじめから早速読んでいます、去年
      「標的の村」という沖縄オスプレイの映画を見ました。沖縄に住む人はきっとみんなオスプレイ反対なのに、沖縄に住む警官が、反対運動をする住民を力ずくで排除する、、 日本は平和なんかじゃないと感じました。 その時から公明党は、学会は、このことを知らないはずないよね?と感じはじめました。
      [ 2014/02/13 12:03 ] [ 編集 ]

      Re: 沖縄

      こたさん^^コメント有り難うございます。<(_ _)>
      実は、「標的の村」は、沖縄のテレビでも放送されたようなのですが、いまだに、観てないんですよ。
      あらましは、少し知っていますが。。
      沖縄県民のほどんどがオスプレイや新基地建設に大反対ですが、中には金や利権に目が眩んで賛成している者達も居ます。諦めからの容認者もいます。後は、ウヨク洗脳された者など。
      沖縄の公明党が支持し、創価が応援した仲井眞知事が公約を破り、米軍基地辺野古移設のための許可を与えてしまいましたから、また、移設反対住民への国家権力の弾圧が強まる事でしょう。
      沖縄の自民党議員などは、国会で警察権力へ弾圧要請としか考えられない質問をシツコク繰り返しています。
      本当に権力の魔性は恐ろしい!
      権力の魔性と戦うどころか、権力の魔性の味方となって居るのが創価学会です。
      創価学会は、「民衆の味方」ではなく、「池田先生の味方」ですよ。
      池田先生を権力の弾圧から守るためには、沖縄の民衆を犠牲にするのも平気なのです!
      [ 2014/02/13 19:17 ] [ 編集 ]

      仲井真知事のことはニュースで見てました、反対しているのかと思っていたらいきなり容認しましたよね?ちょっと意外でした。
      あの映画を見た後、国って恐いと思いましたね、、公明党って結局素人ですもんね、、
      [ 2014/02/13 21:22 ] [ 編集 ]

      公明党と創価学会の選挙活動に関して

      コメント有り難うございます。
      仲井眞氏は、もともと米軍基地移設容認派です。
      創価学会は、公明党と自民党がくっつく前は、移設反対の大田知事
      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%94%B0%E6%98%8C%E7%A7%80
      を支持し応援していましたが、
      公明党と自民党がくっつくと同時に、大田知事ではなく、移設容認派(稲嶺)知事
      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%B2%E5%B6%BA%E6%83%A0%E4%B8%80
      を支援する側に、急に回ったのです。
      (支援政党と記載されていませんが、実際は、そうです。遠くまで応援に行きました。)
      創価学会は、仏法理念に基づいて公明党を支援しているのでは無い事が解ります。
      創価学会は、学会員の純粋な信心を政治に利用していると言えるでしょう。
      1998年11月15日に執行された沖縄県知事選挙
      http://ja.wikipedia.org/wiki/1998%E5%B9%B4%E6%B2%96%E7%B8%84%E7%9C%8C%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E9%81%B8%E6%8C%99
      は、4万票の差で基地容認派の稲嶺氏が当選しました。
      創価学会が、基地反対派の大田氏側にそのままついていたら、どうなっていたかは、あまりにも明らかです!
      日蓮大聖人の仏法を悪用し、信仰者を利用する創価学会の罪は甚大です!
      その指揮をした沖縄創価学会の県長である三盛副会長は、4年後の2003年4月2日に、58歳で死去しています。
      http://www.47news.jp/CN/200304/CN2003040301000096.html
      仲井眞氏が、県外移設派になったのは、沖縄県民の多くが移設に反対し、大規模な移設反対県民大会を何度も開催するなど、移設容認では、選挙に勝てないと見たからでしょう。
      沖縄の選挙において、「米軍基地賛成」と言って当選した議員など居ないのではないかと思います。
      当選するまでは、みんな基地反対かのように公約し、当選したら仲井眞のように公約を破るの繰り返しと言ってよいと感じます。
      最近の名護市長選挙でも、はっきり移設容認をかかげた立候補者は、前回よりも大差をつけられて落選してますね。
      これには、沖縄の公明党が支持しなかったイコール創価学会の支援がなかったのも大きな要因で、これまでの選挙においても、公明党や創価学会さえ関わらなければ、すべて移設反対派が勝利していたと考えられ、創価学会こそが、沖縄を基地の島にし続ける原因となっています。
      まったく、池田先生の指導と創価学会の実践は真逆と言えるでしょう。
      池田先生が奇麗ごと言い、創価学会公明党が本音を実践しているのが現実です。


      >あの映画を見た後、国って恐いと思いましたね、、

      特定機密保護法等、国家権力の暴走はさらに激しくなって行くと考えられます。
      民主党鳩山の裏切りによって破壊された民主主義をもう一度国民の手に取り戻せるかどうかは、次の国政選挙にかかっていると言えるでしょう。


      >公明党って結局素人ですもんね、、

      とは?
      [ 2014/02/17 12:38 ] [ 編集 ]

      コメントの投稿













      管理者にだけ表示を許可する

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/tb.php/43-9b3feb4e




      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。