スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    日蓮大聖人が御本仏である事を御真筆だけで "判りやすく" 証明してみました。

    所謂、「日蓮本仏論」は、日蓮系の宗派では異端とされる日蓮正宗のみの教義と認識されて来たようである。
    そして、これまでは、その根拠も日蓮正宗のみが「日蓮大聖人の御書」とする「相伝」や「血脈抄」(本因妙抄・百六箇抄)が無ければ、成り立たないと考えられて来たようだ。

    大石寺末寺の在家指導者である樋田氏が述べた「日蓮本仏論」もこれまで日蓮正宗や創価学会が主張して来た相伝や血脈抄等の根拠を踏襲しただけの陳腐なものだった。

    それに対しては、私は、日蓮宗(身延派)も大聖人の御文として認める真蹟遺文と写本遺文に限定して日蓮大聖人が御本仏である事を証明した。

    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-81.html
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-83.html
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-84.html
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-85.html
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-86.html
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-87.html

    この証明を覆す者は、三年近く経っても現われていない。
    現われたとしても、日蓮大聖人を末法の御本仏としなければ解消しない数々の矛盾が残るであろう。

    そして今回、宗教学者でもある島田裕巳先生の勧めによって、日蓮大聖人の御真筆とされる御文だけで、日蓮大聖人が御本仏である証明を試みる事となった。

    島田先生の勧め
    https://twitter.com/hiromishimada/with_replies

    さて、カンタンに判りやすく日蓮大聖人が御本仏である証明をするには、どうすれば良いのか。
    それは、「本仏」とされている釈尊よりも日蓮大聖人の方が勝れた存在である事を証明すれば良いだろう。
    (もちろん、それは、日蓮大聖人を宗祖とし釈尊を本仏とする宗派信者に対する証明である。)

    【日蓮大聖人が御本仏である証拠1】
    本仏とされている釈尊よりも日蓮大聖人の方が『功徳』が勝れている!

    釈尊ほどの仏を三業相応して一中劫が間・ねんごろに供養し奉るよりも・末代悪世の世に法華経の行者を供養せん功徳は・すぐれたりと・とかれて候*【真筆】

    「本仏であるはずの釈尊を供養するよりも末法の法華経の行者である日蓮大聖人を供養する功徳の方が比較にならない程に遥かに遥かに勝れていると釈尊自身が説かれている」
    との御文である。


    【日蓮大聖人が御本仏である証拠2】
    本仏とされた釈尊よりも日蓮大聖人の方が勝れた「法華経の行者」である!

    *仏滅後・一千八百余年が間に法華経の行者・漢土に一人・日本に一人・已上二人釈尊を加へ奉りて已上三人なり*報恩抄【真筆】

    *日蓮は日本第一の法華経の行者なる事あえて疑ひなし。これをもつてすいせよ。漢土・月支にも一閻浮提の内にも肩をならぶる者は有るべからず*【真筆】

    *日蓮は閻浮第一の法華経の行者なり*【真筆】

    月氏(インド)の釈尊でさえも肩を並べられない世界一の法華経の行者が、日蓮大聖人なのである!


    【日蓮大聖人が御本仏である証拠3】
    本仏とされた釈尊よりも日蓮大聖人の方が勝れた「聖人」(仏)である!

    *仏より滅後一千八百余年に至るまで、三国に経歴して、但、三人のみ有って此の正法を覚知せり。所謂、月支の釈尊・真旦の智者大師・日域の伝教。此の三人は内典の聖人也*【真筆】

    *日蓮は一閻浮提第一の聖人也*【真筆】

    正法を覚知した「仏」である、釈尊、天台、伝教よりも勝れた世界一の聖人は、日蓮大聖人なのである!
    ゆえに、末法の衆生が「南無日蓮聖人」とも唱えるべき存在なのだ。

    *仏とだに申したりしかば地獄には堕つべからざりしを、業ふかくして但南無とのみとなへて仏といはず。今日本国の高僧等も南無日蓮聖人ととなえんとすとも、南無計りにてやあらんずらん。ふびんふびん*【真筆】


    以上、日蓮大聖人は、本仏とされた釈尊よりも功徳の勝れた「法華経の行者」であり「仏」であり、末法の衆生が帰依すべき『御本仏』だと言う事が、大聖人の御真筆の御文だけでも証明された。

    [ 2015/03/08 05:15 ] 宗教 | TB(0) | CM(1)

    「日蓮宗 現代宗教研究所」による真蹟遺文、写本遺文によって「日蓮本仏論」の正当性を確認

    宗教学者でもある島田裕巳先生のツイッター ‏@hiromishimada における
    「@kangaeruhito777 まず問題は、真筆中心で議論を進めなければならないというところではないでしょうか。」
    島田先生のツイッター
    との御指摘にしたがい、
    「日蓮宗 現代宗教研究所」による「真蹟遺文」「写本遺文」によって「日蓮本仏論」の正当性を確認してみました。

    *過去久遠五百塵点のそのかみ唯我一人の教主釈尊とは我等衆生の事なり*船守弥三郎許御書 写本

    *法華経は釈尊の父母、諸仏の眼目なり。釈迦、大日総じて十方の諸仏は法華経より出生し給へり* 本尊問答抄 写本

    *釈尊ほどの仏を三業相応して一中劫が間・ねんごろに供養し奉るよりも・末代悪世の世に法華経の行者を供養せん功徳は・すぐれたりと・とかれて候*  真筆あり

    *日蓮は日本第一の法華経の行者なる事あえて疑ひなし。これをもつてすいせよ。漢土・月支にも一閻浮提の内にも肩をならぶる者は有るべからず* 真筆あり

    *法華経の大海の智慧の水を受たる根源の師を忘れて、余へ心をうつさば必ず輪廻生死のわざはい(禍)なるべし*曾谷殿御返事 写本



    島田裕巳 公式ホームページ
    http://shimadahiromi.com/

    島田裕巳 official blog
    http://blog.livedoor.jp/shhiro/

    [ 2015/03/04 21:10 ] 宗教 | TB(0) | CM(0)

    『阿部英樹』なる我慢偏執にして厚顔無恥の狂信者を極カンタンに破折する。3

    大石寺の末寺の猛毒悪知識によって頭破七分の末期患者となった『阿部』なるものは、イマダニ興福寺が焼かれた時代が、像法時代だと偏執し、私と私の亡くなった父を誹謗する我慢と謗法を繰り返している。
    大石寺の猛毒悪知識を飲み続け、南無妙法蓮華経の御本尊まで誹謗して平気な頭破七分の末期患者には、どんなに明からな文証と提示し、どんなに理路整然たる道理を示しても、認めて改心することが無い事など知っている。
    それでも、「置不呵責は無間地獄」の金言にまかせて破折する!

    大聖人曰く
    *今末法に入つて二百余歳*聖寿54歳

    この撰時抄の書かれた建治元年は、西暦に直せば1275年。
    それから、200年あまり前に末法に入った事になる。
    最低でも1075年より以前から末法に入った事になる。

    興福寺が焼かれたのは1180年である。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%88%E7%A6%8F%E5%AF%BA

    ゆえに、興福寺が焼かれたのは、末法に入って百年以上も経った頃なのである。

    末法に入って百年以上も経った頃に邪宗の寺が焼かれても

    *治承四年十二月二十二日に七寺の内の東大寺・興福寺の両寺を焼きはらいてありしかば・其の大重罪・入道の身にかかりて・かへるとし養和元年潤二月四日身はすみのごとく面は火のごとくすみのをこれるがやうにて結句は炎身より出でてあつちじにに死ににき、其の大重罪*

    と大聖人は、御教示されているのである!
    どうして、末法時代に、『大聖人の開眼』なるものの無い本尊を奉った邪宗の寺が焼かれても『大重罪』であるのに、
    『大石寺法主の開眼』なるものが無い事を理由に、大聖人御真筆本尊を誹謗し、法華経の眼目たる南無妙法蓮華経の御本尊を焼いて『大重罪』が無かろうか!!!
    [ 2015/03/04 19:19 ] 宗教 | TB(0) | CM(0)

    『阿部英樹』なる我慢偏執にして厚顔無恥の狂信者を極カンタンに破折する。2

    『阿部英樹』なる我慢偏執にして厚顔無恥の狂信者を極カンタンに破折する。
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1291.html
    において、

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
    大聖人曰く
    *今末法に入つて二百余歳*聖寿54歳

    *銅の釈尊をやきし守屋は四天王の矢にあたり東大寺興福寺を焼きし清盛入道は現身に其身もうる病をうけにき彼等は皆大事なれども日蓮が事に合すれば小事なり小事すら猶しるしあり大事いかでか現罰なからむ。*

    も聖寿54歳の御作である。

    わかるかなあ〜(^O^)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!
    頭破七分の末期で、わかるかなあ〜(^O^)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    と書いたが、予測通りだった。(^O^)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!

    「ニチレンショウシュウ」の頭破七分の末期患者『阿部英樹』なるもの曰く
    >意味不明?(笑)頭大丈夫?(笑)

    だそうである。(^O^)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!

    で、これまた
    「ニチレンショウシュウ」の頭破七分の末期患者『阿部英樹』なるもの曰く
    >仏法の三時の次第、仏法の時間軸1222年、1253年のわからない哀れな沖縄の小心者よ( ´△`)で、お前のネットの本尊は何年の本尊だ?(笑)

    と、「ニチレンショウシュウ」も言わない珍論をホザキ始めた。

    『阿部英樹』なるものは、200ー54の計算さえも出来ないのだ。
    (^O^)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!
    大聖人は、御自身の生誕より146年以上も前から末法に入ったと仰せなのである。
    それに対して、この『阿部英樹』なる頭破七分の末期患者は、大聖人の御生誕日が像法の始まり、立宗宣言の日が末法の始まりとでも思っているようなのだ!
    (^O^)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!(^O^)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!
    こんな珍論、日顕日如も樋田センセも言わないであろう!
    (^O^)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!(^O^)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!(^O^)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!


    正法
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E6%B3%95

    像法
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%83%8F%E6%B3%95

    末法
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AB%E6%B3%95
    [ 2015/03/02 22:04 ] 宗教 | TB(0) | CM(0)

    『阿部英樹』なる我慢偏執にして厚顔無恥の狂信者を極カンタンに破折する。

    『阿部英樹』なる我慢偏執の狂信者を極カンタンに破折する。
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1290.html

    を読んでも恥じない『阿部英樹』なる我慢偏執の狂信者が、またまた、愚かすぎる事を書いて来た。

    >小心者君、大聖人のご誕生は1222年である(笑)そして立宗が1253年である。末法時代の基準は諸説があり正法時代、像法時代も諸説がある。御本仏が御出現以前の衆生は釈尊の法で救われたのである。そして末法の当時の衆生は大聖人の御出現によって救われたのである!(笑)興福寺、東大寺の時代の焼き討ちの罪は小さい罪だと大聖人は仰せである。つまり像法時代の一分の功徳、罰があったという事である。末法のこの時代に学会のニセ本尊、お前のネットのゴミ本尊など焼き払ってもなんの罪にはならない❗ただの謗法払いである。詰めがあまいいですよ!(笑)小心者君(笑)

    だそうだ!
    (^O^)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!

    さて、
    末法時代の基準は諸説があり
    だそうだが、
    この恥知らずは、大聖人が「末法時代」を ”いつからと考えていたのか” ぐらいも思考が回らなかったのだ。

    大聖人曰く
    *今末法に入つて二百余歳*聖寿54歳

    *銅の釈尊をやきし守屋は四天王の矢にあたり東大寺興福寺を焼きし清盛入道は現身に其身もうる病をうけにき彼等は皆大事なれども日蓮が事に合すれば小事なり小事すら猶しるしあり大事いかでか現罰なからむ。*

    も聖寿54歳の御作である。

    わかるかなあ〜(^O^)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!
    頭破七分の末期で、わかるかなあ〜(^O^)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!
    [ 2015/03/02 18:22 ] 宗教 | TB(0) | CM(0)

    『阿部英樹』なる我慢偏執の狂信者を極カンタンに破折する。



    学会員を洗脳から目覚めさせる訪問 プロジェクトNo 2

    に対して、このようにコメントした。

    ◇◇◇


    御本仏の金言も知らず、大悪魔にまんまと騙され「このニセ本尊を捨てました!」だそうです。

    御本仏曰く
    *木画の仏像・堂塔等をやきかの仏像等の寄進の所をうばいとり率兜婆等をきりやき智 人を殺しなんどするもの多し、此等は大阿鼻地獄の十六の別処に堕つべし*

    御本仏曰く
    *銅の釈尊をやきし守屋は四天王の矢にあたり東大寺興福寺を焼きし清盛入道は現身に其身もうる病をうけにき彼等は皆大事なれども日蓮が事に合すれば小事なり小事すら猶しるしあり大事いかでか現罰なからむ。*聖寿54

    御本仏曰く
    *東大寺・興福寺の両寺を焼きはらいてありしかば・其の大重罪・入道の身にかかりて・かへるとし養和元年潤二月四日身はすみのごとく面は火のごとくすみのをこれるがやうにて結句は炎身より出でてあつちじにに死ににき*聖寿56歳

    興福寺
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%88%E7%A6%8F%E5%AF%BA

    御本仏は、木画の仏像を不敬しても無間地獄に堕ちると仰せである!
    法華経の眼目たる御本尊を不敬したらどうなると思っているのだ!

    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1200.html



    ◇◇◇



    それに対し、このように反論して来た大石寺狂信者が居る。

    >興福寺=像法時代!(笑)バーカ(笑)

    >大聖人様が過去の像法時代の事柄をしたためられた御書と大聖人が晩年の末法時代にしたためられた御書の違いわかってる?御書のパッチワークさん(笑)

    >意味不明?(笑)この時代に寺を焼き払う?お前イスラム国か?(笑)

    >お前がな!(笑)先ずはネットのゴミ本尊焼き払ったら?この時代に(笑)

    大石寺ではない「ニチレンショウシュウ」の信者だと言い張る『阿部英樹』なる狂信者である!

    私は、以前に、この『阿部英樹』なる狂信者の名誉を傷つけないために、それが本名なら愚かな反論や悪口をして来ないように、本名ではなくハンドルネームで書き込むように親切に勧めた。
    それにも関わらず、私のみならず私の亡くなった父まで誹謗して来たのがこの『阿部英樹』なる狂信者である。
    この人の思いやりを仇で返す大石寺の狂信者が、いかに愚かであるかを極カンタンに証明しよう。

    『阿部英樹』なる狂信者は、日蓮大聖人の金言

    *東大寺・興福寺の両寺を焼きはらいてありしかば・其の大重罪・入道の身にかかりて・かへるとし養和元年潤二月四日身はすみのごとく面は火のごとくすみのをこれるがやうにて結句は炎身より出でてあつちじにに死ににき*聖寿56歳

    を読んで、「興福寺=像法時代」だから、大聖人が罰とされたのは、像法時代の話だと考えたのである。
    これが、どれほど愚かな思考かに全く気づいてないのである。

    1. まず、「興福寺=像法時代」ではない。
    創建669年から現在まで続く寺である。
    『阿部英樹』なる者は、興福寺が像法時代に終了したと思っているらしいのだ。

    2. 次に、「興福寺が像法時代で終了した寺」だと仮定して、像法時代には「法相宗」も「正法」だと、この『阿部英樹』なる者は、考えているらしいのだ!
    或は、像法時代なら邪宗の寺を焼いても仏法上の罰があると考えているのが、この『阿部英樹』なる狂信者なのだ。

    3. さて、いつまで経っても、己の愚かさに少しも気づかず、私を「バーカ」等と誹謗し続ける『阿部英樹』なる狂信者に、教えてあげよう。

    興福寺が "焼かれた" のは、いつなのか?
    『1180年』である。
    では、末法は、いつからなのか?
    『1052年』である。
    興福寺が焼かれたのは、すでに末法に入って百数十年後なのである!

    日蓮大聖人は、"末法の時代における現証" を 発迹顕本後に、こう明確に御教示されているのである。
    この『阿部英樹』なる狂信者は、私が、親切に
    興福寺
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%88%E7%A6%8F%E5%AF%BA
    と、興福寺が『いつ焼かれたのか』が判るようにURLを提示したのにも気づけないのである。
    少し前から、御文を提示しよう。^^

    治承四年十二月二十二日に七寺の内の東大寺・興福寺の両寺を焼きはらいてありしかば・其の大重罪・入道の身にかかりて・かへるとし養和元年潤二月四日身はすみのごとく面は火のごとくすみのをこれるがやうにて結句は炎身より出でてあつちじにに死ににき*聖寿56歳

    ※御真筆ありである。
    この御文だけではない。
    提示したすべての御文には、御本仏の御真筆が残されているのだ!!!
    大聖人は、末法時代に起こった「東大寺・興福寺の両寺を焼きはらいて」を「其の大重罪」と仰せである!
    言うまでもなく『大聖人による開眼の無い本尊を奉っている邪宗の寺』を末法時代に焼いたのが『大重罪』であり、確かな罰の現証があったと仰せである!
    『大聖人による開眼の無い本尊を奉っている邪宗の寺』を末法時代に焼いて大重罪があり罰があると言うのに、
    どうして、法華経の眼目たる南無妙法蓮華経の御本尊を末法時代に含まれる現代に誹謗して極大罪がないのかを、この『阿部英樹』なる狂信者をはじめ大石寺狂信者は、今回も全く根拠ある説明など出来ないに決まっているのだ!


    大石寺狂信者達は、創価学会の本尊は「ニセ本尊」で害毒があり、精神障害や脳機能障害や人格破綻の原因だと誹謗しているが、創価学会の本尊であろうと南無妙法蓮華経の本尊を「ニセ本尊」「魔の本尊」などと誹謗する大石寺狂信者こそが、御本尊誹謗の極大謗法行為によって、以上のような愚か過ぎる思考しか出来ない頭破七分者となるのである!!!

    御本仏曰く

    *法華経は一切の諸仏の眼目教主釈尊の本師なり、一字一点もすつる人あれば千万の父母を殺せる罪にもすぎ十方の仏の身より血を出す罪にもこへて候ける*

    *法華経の眼目たる妙法蓮華経の五字

    *この文字は釈迦如来の気にも候なり*

    *文理真正の経王なれば文字即実相なり実相即妙法なり*

    *釈迦仏等の仏の法華経の文字を敬ひ給ふことは民の王を恐れ星の月を敬ふが如し、然るに我等衆生は第六天の魔王の相伝の者・地獄・餓鬼・畜生等に押し篭められて気もつかず*


    [ 2015/03/02 01:29 ] 宗教 | TB(0) | CM(2)

    大石寺に洗脳され「戒壇の大御本尊」と「代々の法主」を狂信する者達よ!目覚めよ!!!

    大石寺は、結局、「戒壇の大御本尊」と「代々の法主」への「信心」で成り立っています。
    それが、貴方の御本仏の金言に違背する大悪魔の狂義への『狂信』であることに、一刻も早く目覚めましょう!



    【「戒壇の大御本尊」への狂信を破折 】


    ◆良い子のみんなにも分るように「一大秘法」が「本門の題目」であることを説明するよ。^^
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1153.html

    ◆一大秘法が「本門の本尊」ではなく「本門の題目」であることを更に証明する!
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1140.html

    ◆「一大秘法とは本門の題目」への疑難を徹底的に破折する!
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1146.html

    ◆「一大秘法」に関するビルトアップ氏との法論のまとめ
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1145.html

    ◆愚問によっても「本門の題目」が一大秘法であることは、さらに証明される!
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1156.html

    ◆大石寺指導者-樋田氏の「一大秘法とは戒壇の大御本尊」なる邪義を『一撃破折』しよう。
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1239.html

    ◆大石寺指導者-樋田氏の「一大秘法とは戒壇の大御本尊」の矛盾の数々。(編集中)
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1237.html

    ◆「南無妙法蓮華経の五字」が「本門の題目」と判断出来ない果てしなく深い迷い
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1141.html

    ◆大石寺狂信者の極大謗法の根源「戒壇本尊唯一絶対」狂義を徹底的に破折する!!!
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1179.html

    ◆大石寺狂信者の極大謗法の根源「戒壇本尊唯一絶対」狂義を徹底的に破折する!!!2
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1180.html

    ◆「戒壇の大御本尊」も宗門権威主義の道具
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-101.html

    ◆「戒壇の大御本尊」も宗門権威主義の道具2
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-102.html

    ◆日蓮大聖人の金言に違背する「本門戒壇の大御本尊」<音声版>
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1109.html

    ◆『南無妙法蓮華経の御本尊』を軽善誹謗してもいいのか
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1157.html

    ◆戒壇本尊の特権によってご真筆本尊をも誹謗する根拠など一切無い恐るべき日蓮正宗。
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1060.html

    ◆御本尊をお札に喩えるのは間違っている!
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-71.html

    ◆大石寺創価学会信者達の御本尊誹謗の言い訳の数々を破折する!
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1201.html

    ◆御本尊を絶対に誹謗してはならない数々の文証
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1200.html

    ◆戒壇本尊による御真筆本尊誹謗に予想される大石寺信者の言い訳集
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1191.html

    ◆日蓮大聖人御真筆本尊をも「絶対に功徳が無い」と極大誹謗する大石寺
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1190.html

    ◆「墨跡」さえも無い板本尊を唯一絶対化し「日蓮が魂を墨に染め流した」御真筆本尊を誹謗する大石寺狂信者達。
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1270.html

    ◆『「弘安二年の大御本尊」こそが 根本の法体』なる大石寺根本の邪義をカンタンに破折する!
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1257.html

    ◆日蓮大聖人の仏法に、「出世の本懐の本尊」はあるのか?
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1184.html



    【 代々の法主への狂信を破折 】


    ◆怪しい、怪しい、怪し過ぎる日蓮正宗の血脈相承
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-116.html

    ◆怪しい、怪しい、怪し過ぎる日蓮正宗の血脈相承2
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-741.html

    ◆大石寺日如ゲーカの詐欺説法を破折する!
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1273.html

    ◆日顕氏は、「正直」でも「少欲知足」でもないんだね。
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-23.html

    ◆現日蓮正宗の「僧宝」の立て方が邪義であることは、すでに証明されている!
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-24.html

    ◆「代々の聖人悉く日蓮」であったとしても、「貫首は絶対の僧宝」とは言えない。
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-25.html

    ◆三宝の狂いが邪教>つまり現、日蓮正宗は邪宗!
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-27.html

    ◆大石寺の血脈絶対論を検証した。 (編集中)
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1256.html

    ◆大石寺信者が最後にしがみつく「二箇相承」
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1202.html

    ◆僧宝とは
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1091.html

    ◆コジツケで貫首を絶対化する法華講の信者
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1094.html

    ◆恥ずかしながら、敗北残骸の大石寺指導者-樋田氏をカンタン破折。
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1236.html

    ◆個人信仰者は「僧宝」をどう理解し実践すべきなのか
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1094.html


    大石寺信者の皆さんは、これら、明明赫赫な文証と理路整然たる道理の数々をすべて破折できますか?
    ひとつも破折出来ないでしょう。
    それでも、大石寺から離れられないのを『邪宗中毒』と言うのです。『謗法中毒』と言うのです。
    大石寺に居る事は、毎日、猛毒の悪酒を飲み続けているのと同じです。
    どんなに間違った宗派だと分っても中毒でやめられなくなり、気がつけば地獄の生活であり死後無間地獄が確定します。
    貴方が救われるためには、貴方が大石寺では無く『日蓮大聖人を御本仏と仰ぐ信仰者』である事を思い出す事です。
    貴方の御本仏の金言を素直に信じて実行する事です!

    *都て一期の間法華経を謗せず昼夜十二時に行ずれども謗家に生れぬれば必ず無間地獄に堕つ*

    *一切の諸人善心無く多分は悪道に堕つることひとへに悪知識の教を信ずる故なり*

    *受け難き人身を受け値い難き仏法に値うと雖も悪知識に値うが故に三悪道に堕する*

    *悪師を信ずる失に依つて必ず三悪道に堕す*

    *人に吉と思はれ人の心に随いて貴しと思はれん僧をば法華経のかたき世間の悪知識なりと思うべし*

    *悪師につかへては順次生に悪道に堕つ*

    *悪知識とは在世にては善星・瞿伽利・提婆等是なり、善友とは迦葉・舎利弗・阿難・目連等是なり、末法当今に於て悪智識と云うは法然・弘法・慈覚・智証等の権人謗法の人人なり*

    *第六天の魔王智者の身に入りて正師を邪師となし善師を悪師となす、経に「悪鬼入其身」とは是なり*

    *我こそ法華経の意を得て法華経を修行する者よと名乗り候へども・予が如く弘長には伊豆の国に流され・文永には佐渡嶋に流され・或は竜口の頚の座等此の外種種の難数を知らず、経文の如くならば予は正師なり善師なり・諸宗の学者は悉く邪師なり悪師なりと覚し食し候へ*

    *仏誡めて云く「悪象に値うとも悪知識に値わざれ」*

    *菩薩悪象等に於ては心に恐怖すること無れ悪知識に於ては怖畏の心を生ぜよ、何を以ての故に是れ悪象等は唯能く身を壊りて心を壊る事能わず、悪知識は二倶に壊るが故に、悪象の若きは唯一身を壊る悪知識は無量の身無量の善心を壊る、悪象の為に殺されては三趣に至らず悪友の為に殺されては三趣に至る」*

    *況や大乗誹謗にをいてをや、是一切衆生の悪知識なり近付くべからず畏る可し畏る可し*

    *相構え相構えてとわりを我が家へよせたくもなき様に謗法の者をせかせ給うべし*

    *末代悪世には悪知識は大地微塵よりもをほく善知識は爪上の土よりもすくなし*

    *師なりとも誤ある者をば捨つべし又捨てざる義も有るべし世間・仏法の道理によるべきなり*

    *菩薩常に当に諸の悪知識を遠離すべし*

    *東西動転の眼目・南北不弁の妄見なり、牛羊よりも劣り蝙蝠鳥にも異ならず、依法不依人の経文・毀謗此経の文をば如何に恐れさせ給はざるや、悪鬼入其身して無明の悪酒に酔ひ沈み給うらん。
    一切は現証には如かず善無畏・一行が横難横死・弘法・慈覚が死去の有様・実に正法の行者是くの如くに有るべく候や*

    [ 2015/02/22 18:00 ] 宗教 | TB(0) | CM(0)

    釈尊の法華経を誹謗しても無間地獄!御本仏の「法華経の眼目」を誹謗すれば?


    「法華経を「捨閉閣抛」せよ!」 という法然の浄土宗は 無間地獄へ堕ちる宗派 018

    ◆◆◆


    さてさて、法然上人は、大石寺の大御本尊に対して「捨閉閣抛せよ!」と誹謗したのか?
    まったくしていない。出来る訳も無い。
    言うまでもなく、法然上人の時代に大石寺の大御本尊などなかったのだからな。
    それにも関わらず、大聖人は、「無間地獄に堕ちる」と強く呵責されたのだ。
    つまり、無間地獄に堕ちる根本原因は、大石寺の大御本尊及び大石寺の「大御本尊とつながった」「開眼された」と言う大石寺本尊を誹謗する事に "限らない" のだ!
    御書に書かれている通り「法華経」を誹謗すれば、無間地獄に堕ちるのである。
    大石寺信者よ!
    釈尊の法華経と御本仏日蓮大聖人の御真筆本尊と、どちらが「勝ぐれたる」本尊なのか?
    よーく考えなさい!
    法華経を誹謗しても無間地獄である!
    その「法華経の眼目」とされた南無妙法蓮華経の文字曼荼羅を誹謗して無間地獄に堕ちないのかどうか、よーく考えなさい!!
    いいか。『開眼された法華経』等と言うのは、この世に存在しないのだ!
    法華経は、開眼される側ではなく開眼する側だからな!
    洗剤が、洗われる側ではなく、洗う側であるのと同じ道理だ!
    当然、南無妙法蓮華経の御本尊も開眼される側ではなく、開眼する側だ!
    これを『万法能生の父母(根源)』と言うのだ!

    日蓮大聖人の相伝に曰く
    *今末法に入つて、眼とは所謂未曾有の大曼荼羅なり、此の御本尊より外には眼目無きなり聖寿59歳
    *末法に入つては題目の五字即ち是なり、此の妙法蓮華経の五字は万法能生の父母なり*聖寿59歳

    「未曾有の大曼荼羅なり」と書かれた数々の御本尊
    http://homepage3.nifty.com/juhoukai/mandara/mandaraitiran.html
    http://homepage3.nifty.com/juhoukai/mandara/034.html

    [ 2015/02/15 01:12 ] 宗教 | TB(0) | CM(0)

    南無妙法蓮華経の個人信仰者*考える人*と「日蓮宗(身延派)」とは、どこが違うのか。

    私*考える人*に破折され反論不能となった大石寺狂信者の中には、私を「日蓮宗(身延派)」などと誹謗するものが居る。
    大石寺を批判するものは、邪宗であり、創価や顕正会などでなければ「日蓮宗」と決めつけるしかない浅はかな固定観念だ。
    勿論、私は、身延派を正しい宗派とは判断して居ない。
    正しい宗派と判断していれば、さっさと入信している。本来は、会社組織と同じく組織信仰の方が、多くの人々を救うのに効率的だからだ。
    それでは、私*考える人*と「身延派」とは、どこが違うのかを明確にしよう。


    ◉身延派は、日蓮大聖人を「大菩薩」等とくだすが、*考える人*は、日蓮大聖人を『御本仏』と仰ぐ者である。
    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-81.html


    ◉身延派は、法華経の題目を本尊としなさいとの金言に違背し、釈迦如来なども本尊にしているようだが、*考える人*は、大聖人の仰せの通りに南無妙法蓮華経の文字曼荼羅だけを本尊と拝する。

    文証>*汝云何ぞ釈迦を以て本尊とせずして法華経の題目を本尊とするや*


    ◉身延派は、御書に全く無き荒行などを修行として、邪宗呵責をほとんどしないが、*考える人*は、御書に無き修行をせず、邪宗の根源である大石寺や創価を強く呵責し続けている。

    文証>*私ならざる法門を僻案せん人は偏に天魔波旬の其の身に入り替りて人をして自身ともに無間大城に堕つべきにて候*


    ◉身延派は、大石寺の大御本尊を「ニセ本尊」と批判することを折伏としているようだが、*考える人*は、大石寺が永久に認めない問題は「魔の時間稼ぎ」と判断し、大石寺の大御本尊を「唯一絶対化」する邪義の数々を明らかな文証によって破折し続けている!

    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-1179.html



    ◉身延派は、大石寺の大御本尊を「ニセ本尊」として、その功徳を認めないが、*考える人*は、大石寺の大御本尊が、たとえニセモノであろうとも南無妙法蓮華経の文字曼荼羅に違いは無く功徳があると認める。

    http://kangaeruhito777.blog100.fc2.com/blog-entry-71.html


    ◉身延派は、大石寺が日蓮大聖人の金言とする多くの御書を「偽書」として否定するが、*考える人*は、日蓮宗系が「偽書」とする御書をも御書全体との整合性のある部分は、大聖人の御心として拝する。

    文証>*いかでか仏法の御心をば我等凡夫は弁え候べき、ただ経経の文字を引き合せてこそ知るべき*


    なお、私が比較した「身延派」は、私が認識している大雑把な情報を元にしており、身延派にも色々な教派があるかも知れない事を否定するものではない。
    「身延派」に関する誤解があれば、お教えいただき、加筆訂正いたします。
    [ 2015/02/14 20:26 ] 宗教 | TB(0) | CM(0)

    大聖人の金言に違背する大石寺の「血脈相伝」は、大悪魔の相伝である事を知れ!

    日蓮大聖人曰く

    *師の口より伝うる人必ずあやまりなく後にたづね・あきらめたる人をろそかならば経文をすてて四依の菩薩につくべきか、父母の譲り状をすてて口伝を用ゆべきか、伝教大師の御釈無用なり慈覚大師の口伝真実なるべきか*聖寿59歳

    この御書の中で、
    「経文」「父母の譲り状」「天台大師の御釈」に当たるのが、日蓮大聖人の金言である!
    「四依の菩薩」「口伝」「慈覚大師の口伝」に当たるのが、大石寺代々の法主の血脈相伝なるものである!
    日蓮大聖人を御本仏を仰ぐ信仰者が、大石寺代々の法主の血脈相伝なるものではなく、日蓮大聖人の金言を基準とすべき事は、言うまでもない道理であり、大聖人も明確に書き残された指針なのだ!
    もしも、大聖人の金言には明確で無くとも大聖人の金言に違背しない教義ならば、それは、相伝や伝統として用いても良いであろう。
    しかし、大聖人の金言に違背する相伝は、完全に悪魔の相伝であり、絶対に用いてはならないのだ!

    大石寺の血脈相伝なる教義は、大聖人の金言に違背する事だらけである!

    ○南無妙法蓮華経の題目を一大秘法とされる大聖人。
    ●大石寺の大御本尊だけを一大秘法とする大石寺。

    ○南無妙法蓮華経の題目を「日蓮が魂」とされる大聖人。
    ●大石寺の大御本尊だけに「日蓮が魂」が宿るとする大石寺。

    ○謗法の天台宗の法華経本尊さえも認める大聖人。
    ●大石寺の御本尊以外はすべて否定誹謗する大石寺。

    ○大石寺の言う「一期一縁の本尊」である四条金吾授与本尊の「日蓮が魂」を信じなさいと御教示する大聖人。
    ●大聖人の御真筆である「一期一縁の本尊」に「日蓮が魂」は住まないと誹謗する大石寺。

    ○己心の妙法を御本尊とし、己心の外に本尊を求めてはいけないと御教示する大聖人。
    ●大石寺の畳大の半丸太で出来た本尊を「唯一絶対」とし成仏の絶対条件にする大石寺。

    ○大石寺法主のような法華誹謗者を呵責しなければ与同罪で無間地獄に堕ちると御教示する大聖人。
    ●大石寺法主だけが「内証成仏」していると絶対化し、法華誹謗の大石寺法主を批判することが謗法と教える大石寺。

    ○仏の教法を基準として人師の教えを基準とするなと御教示する大聖人。
    ●御本仏日蓮大聖人の金言よりも代々の人師の教えを基準にする大石寺。

    ○南無妙法蓮華経の五字が出世の本懐との相伝を残された大聖人と日興上人。
    ●大石寺の大御本尊が出世の本懐とする大石寺。

    ○弘安二年後も御本尊の相貌を変えて行った大聖人。
    ●弘安二年に建立したとする大石寺の大御本尊が究竟した本尊とする大石寺。

    ○御本尊(法華経)でしか開眼出来ないと御教示する大聖人。
    ●御本尊は、大石寺法主が開眼しなければならないとする大石寺。

    ○御書は、「文と文を引き合わせて」本意を知るべきだと御教示する大聖人。
    ●御書は、日蓮正宗法主の相伝に依らなければ正しく拝せないとする大石寺。

    ○亡国の根本原因は、「法華誹謗」と御教示する大聖人。
    ●亡国の根本原因は「ニセ本尊」だと "法華誹謗させる" 大石寺。


    大石寺とは、御書に一文も無き「大石寺の大御本尊」を唯一絶対化して数々の邪義を造り出し、
    絶対に犯してはならない南無妙法蓮華経の御本尊誹謗である「法華極大謗法」を進め、信者を頭破七分にし日本国を滅亡させる大悪魔の教団である事を知れ!!!

    日蓮大聖人曰く
    *釈迦仏等の仏の法華経の文字を敬ひ給ふことは民の王を恐れ星の月を敬ふが如し、然るに我等衆生は第六天の魔王の相伝の者・地獄・餓鬼・畜生等に押し篭められて気もつかず*聖寿59歳
    [ 2015/02/12 10:38 ] 宗教 | TB(0) | CM(0)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。